病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

都市部での薬剤師転職・求人で高年収を得る条件

 

地方僻地の薬局であるほど年収が高くなるのは有名な話です。薬剤師経験のない薬学生であっても、地方僻地では初任給から年収600万以上が提示されます。薬剤師の平均給与は500〜550万ですが、地方の薬局で働くだけで簡単にこの額を超えてしまうのです。

 

地方に行くほど薬剤師が足りていませんが、これだけの額を提示してもなかなか薬剤師が集まりません。そのため、提示される年収の額も高くなります。

 

これに対して、東京や大阪などの都市部では給与が安くなります。東京・神奈川・埼玉・千葉などの「関東」、大阪・京都・兵庫などの「関西」を含め、都会になるほど薬剤師の数が多くなるため、需要と供給のバランスから年収が低くなるのです。

 

それでは、都市部の転職で高年収が期待できないかというと、必ずしもそうではありません。実際に、都市部にも関わらず高年収で転職する人が存在します。

 

もちろん、無条件で高い給料による転職を実現できるわけではありません。これについては、しっかりと自分の能力を見つめなおすようにしましょう。

 

高年収で転職できる人の条件

 

大前提として、「転職=年収アップ」は過去の話です。転職すれば年収が上がると考えてはいけません。安易に考えて転職を検討するほど、失敗してしまいます。

 

ただし、これは今までにあなたがどのような経験をしてきたかによって変わってきます。

 

素晴らしい働きをして薬局や病院、ドラッグストアの利益に貢献できる人であれば、当然ながらその分だけ高い年収を引き出すことができます。一方、普通の薬剤師として働いてきた人であれば、転職で年収を上げるのは難しいです。

 

要は、東京や大阪を含め、都市部での転職で高年収を獲得できる人の条件としては、「薬剤師での仕事 + α」の活躍が必要だといえます。

 

薬剤師は免許に対してお金が支払われているのではありません。その仕事内容の対価として給料が支払われています。そのため、こうしたプラスαがとても重要になります。

 

ただし、プラスαとは言っても特殊能力が要求されるわけではありません。一般企業では当たり前のように求められるプラスαの能力です。

 

このようなプラスαを有する薬剤師としては、例えば以下のような人がいます。

 

1. 一つの職場で10年以上働いたことがある

 

薬剤師業界は転職をする人が多いです。そのため、「1つの会社・組織で10年以上働いた」というだけで評価されることが多いです。

 

求人を出す企業はあなたに長く働いてもらいたいと思っています。そのため、「10年以上働いている」という実績はかなり大きいです。転職サイトを利用するときであっても、「長く勤めることのできる良い人材」として求人先に紹介できるため、年収アップを含め勤務条件などの交渉をしやすくなります。

 

実際のところ、新たな薬剤師を採用するときは大きなコストがかかります。基本的には、一人の薬剤師を採用するときのコストは100〜200万円ほどになると考えてください。長く働いてもらえれば、こうしたコストを削減できます。

 

また、職場での経験が長ければそれなりに多くの技術や知識を身につけているはずです。たとえ調剤経験がなかったとしても、前職での経験が大きなプラスに働きます。

 

2. 自分の仕事以外のマネジメントができる

 

薬剤師として自分の仕事を行うだけでなく、スタッフ管理や職場内の調節などのマネジメントができる人は優遇されます。人材育成ができたり、問題が起こったときに医師と話を調節したりできるなど、他の人が避けたがる仕事を行える人は重宝されるのです。

 

薬局であれ病院であれ、薬剤師経験を何年かしていると後から入社してきた薬剤師の面倒を見ることになります。特に調剤薬局や調剤併設ドラッグストアであると、勤務して2〜3年で管理薬剤師になるのは珍しくなく、店舗のマネジメントを担当するようになります。

 

ただ、このときは単なる「管理薬剤師」という肩書きではなく、本当の意味でマネジメントをできることが重要です。管理薬剤師としてスタッフをどのように管理し、店舗の売上に貢献したり、患者さんに喜ばれたりしたのかを経験談として語れるようにしましょう。

 

また、いくつかの店舗の管理薬剤師を経験して良い成績を残したり、エリアマネージャーなど数店舗を管理するなどの管理職経験があったりする方であれば、さらなる高年収を期待することができます。

 

3. 会社に大きな利益をもたらすことができる

 

あなたが働くことによって、その薬局や病院に対してより大きな利益がもたらされるのであれば、求人先(薬局や病院など)の会社は当然ながら喜んで高年収を提示します。つまり、「出される給料の何倍ものお金を自分の力で稼げる」という能力のある人となります。

 

例として、次のような人が挙げられます。

 

・人脈が豊富であり、医師に対しても処方提案することができる

 

・多くの患者さんに信頼され、他の病院・診療所の処方せんを取ってくることができる

 

もちろん、こうしたことを実現するためには多くの勉強が必要ですし、努力も重要です。前述の通り、無条件で高年収を提示してもらえることはないため、「高い給料を求人先が提示しても問題ない根拠」を示せるようにしましょう。

 

薬剤師として外の世界を見るべき

 

ただ、こうした輝かしい経験がないと考える人は多いです。しかし、それでも問題ありません。それは、基本的に自分の強みは分かりにくいものだからです。そこで、転職サイトのコンサルタントなどプロの目から判断してもらい、自分の強みを引き出してもらうといいです。

 

しかし、当然ながらそのための活動を自ら積極的に行わなければいけません。そこで、いまから行える以下のことを実施するようにしましょう。

 

薬剤師会の活動に参加する

 

まず、薬剤師としていまの職場で働いているだけでは、転職での年収アップは難しいと考えてください。薬剤師資格をもっているのであれば、まずは薬剤師会が開催している地元(あなたが住んでいる地域)の勉強会へ出席するようにしてください。

 

私は島根県の田舎僻地に住んでいたことがあります。そうした地域であっても月1回は薬剤師会の勉強会が開催されていたため、基本的にどこでも勉強会は実施されています。

 

インターネットでの検索を含め、探せばいくらでも薬剤師同士の集まりを見つけることができるため、ここに必ず参加しましょう。SNSでイベントの案内が流れることもあるため、ここに参加してもいいです。

 

そうすれば、そこには意識の高い薬剤師がたくさんいます。こうした会に何回も出席して、彼らと仲良くなりましょう。そうすれば、レベルの高い薬剤師が何を考え、何を実施しているのかを理解できるようになります。その後、彼らと同じような行動ができるように日々の仕事を改善すれば問題ありません。

 

また、そうしたコミュニティに属することであなたの意識レベルも向上します。薬剤師会や薬剤師連盟の活動に参加すれば、薬剤師として何を実践すればいいのか分かってきます。

 

実際のところ、こうした会に出席してレベルの高い薬剤師たちと接している人は一部に過ぎません。そのため、まずは会に参加し、自分の意識レベルを高めることが先決です。

 

他の技能を磨く

 

さらに、他の技能を磨くことも同時に行うといいです。例えば漢方薬の処方せんが多い薬局であれば、漢方の勉強を必死で行うのはとても良いことです。実際、私の知り合いの漢方薬局で働いている薬剤師は漢方のスキルを高めるためにかなり勉強しています。

 

他には、スポーツファーマシストとして活躍している人もいます。多くの人は資格を取得して終わりですが、正直なところこれではまったく意味がありません。現場で活躍することによって、ようやく資格の意味が出てきます。

 

私の知っているスポーツファーマシストは水泳競技の連盟に加盟しているのですが、休日は高校で指導を行ったり、水泳大会でブースを開いて一般市民に対する啓もう活動を展開したりしています。

 

こうした実務を伴う活動を通して、他の技能を磨いていくのです。

 

都市部での高年収は自分磨きが必要

 

薬剤師では、自分のプライベートを重視する人が多いです。これは悪いことではなく、自分の時間を確保して充実したプライベートを実現することはとても良い選択肢の一つです。

 

ただ、「土日に薬剤師会の活動や技術向上をしたり、職場の利益に貢献する活動(セミナー開催など)を行ったりすることは嫌だが、転職で高年収を実現したい」と思う人が多いことに大きな問題があります。

 

単に高年収を希望するだけでは、あなたの思い通りにはなりません。地方僻地への転職であれば高い給料を要求すればいいですが、東京や大阪を含め都市部の職場で高年収を希望するのであれば、当然ながらそれだけの経験や技術が伴わなければいけません。

 

「薬剤師を○年している」という薄っぺらい経験だけでは、都市部で高い給料を実現することは難しいです。毎年約8000人もの6年生薬学生が卒業しているため、薬剤師としての現場経験だけでなく「プラスα」として何ができるのかを考えなければいけません。

 

ただ、前述の通り多くの人は「薬剤師会や薬剤師連盟の活動」「どのようにすれば会社へ利益を残せるかを考え、実行して結果を残す」「他の技能を必死で磨く」などのことを行いません。そのため、逆にいえばこれらを実践するだけで高年収を求人先から提示してもらえるようになります。

 

転職だけでなく、昇給も視野に入れる

 

なお、転職が全てではありません。今の職場で経験や実績を積むことによって、転職をせずに年収アップや昇給を狙うことを考えても良いかもしれません。

 

それでも転職が良いのであれば「給料アップ」だけを考えずに、これからの転職活動を行う必要があります。

 

東京都内や大阪を含め、都市部での高年収は特殊案件です。普通では存在しない求人なので、こうした特殊な求人を自分で探すのはほぼ不可能です。

 

そこで薬剤師の転職では多くの人が転職サイトを利用しますが、このときはコンサルタントとの連絡を密にしてください。遠慮する必要はないので、複数の転職サイトを活用しながら転職活動を有利に進めるようにしましょう。

 

転職を行うのであれば客観的に自分を見つめなおし、失敗しないように慎重に求人先を選んでください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

都市部での薬剤師転職・求人で高年収を得る条件

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

都市部での薬剤師転職・求人で高年収を得る条件

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

都市部での薬剤師転職・求人で高年収を得る条件

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事