病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

紹介予定派遣により、薬剤師転職を失敗せずに行うには

 

転職後にミスマッチが出てしまう薬剤師はたくさんいます。要は、転職することによって失敗してしまうのです。気持ち新たに転職したにも関わらず、職場の雰囲気や人間関係に悩んでしまうと大変です。

 

例えば、薬剤師転職によって起こるミスマッチとして「聞いていた条件と違う」「思っていたよりも職場が忙しい」「意外と通勤時間が長くてつらい」「実際のイメージと異なり、人間関係が難しい」などがあります。

 

ただし、これらのリスクを限りなくゼロにすることで入職後のトラブルを回避し、転職での失敗を防ぐ方法があります。その方法として「紹介予定派遣」があります。

 

薬剤師の紹介予定派遣とは何か

 

転職サイトに寄せられる要望の中で「人間関係が良い職場で働きたい」「勤務時間や休みを含め、安心して長く働ける職場がいい」という意見はとても多いです。薬剤師の転職理由としては、年収以外にも人間関係や労働環境が挙げられるため、働く職場の状況は重要なのです。

 

ただ、年収や福利厚生などの条件面は求人票で確認できるものの、中で働く薬剤師同士の人間関係や人柄、実際の忙しさなどは求人票には書かれていません。これについては、実際に働いてみなければわからないのです。

 

多くの人から期待されてたくさんの仕事をこなしたい人がいれば、残業をできるだけ少なくしてプライベートを充実させたい人もいます。人によって職場の合う合わないが存在するのです。

 

そこで、「紹介予定派遣」という方法が登場します。

 

紹介予定派遣では、お試しとして1〜6ヶ月の間を派遣社員として契約します。直接雇用されることが前提とはなりますが、派遣としての契約が切れると同時に「あなたと求人先の会社(薬局や病院など)が同意したとき」に正社員としての採用となります。

 

実際の職場を経験した後に入社する紹介予定派遣

 

このような薬剤師の紹介予定派遣であると、数か月の間は実際に現場で働くようになります。そうすれば、給料だけでなく職場の人間関係や労働環境を含め、良い職場かどうか分かった上での就業が可能になります。

 

求人先の企業にとっても、「できるだけ長く働いてもらえる良い人材を採用できる」ことにつながります。ようやく薬剤師を雇い入れたにも関わらず、早期退社されてしまうと意味がありません。これを防げるため、薬局や病院側にもメリットがあります。

 

そのため、双方にとって紹介予定派遣はリスクがありません。

 

ほとんどの人は求人先の働き先について、雰囲気や労働環境を完全に把握していない状態で転職します。

 

これはある意味、仕方のないことです。ただ、良い職場に当たればいいですが、労働環境の悪い職場であると早期退職につながってしまい、あなたの経歴に傷がついてしまいます。

 

一方、紹介予定派遣であれば既に職場の雰囲気をほぼ把握した上での採用となります。一緒に働く人も仲良くなっており、派遣としての契約が切れて正社員になるとき、待遇や条件なども交渉しやすくなっているはずです。

 

このように紹介予定派遣によって転職でのミスマッチを極限まで減らす方法があります。

 

紹介予定派遣で注意すべきこと

 

メリットの多い紹介予定派遣ですが、当然ながらデメリットも存在します。どのような注意点が存在するのかを理解しながら、紹介予定派遣を活用しなければいけません。

 

紹介予定派遣の最大のデメリットとしては、「派遣としての契約が切れたとき、必ず正社員として採用されるとは限らない」ことがあります。

 

紹介予定派遣では、現場を経験してあなたがその職場を気に入らなければ正社員としての入社を断ることができます。そのため、一般的な派遣薬剤師と同じ形態で働くことになります。

 

ただ、あなたが入社を断ることができるのと同じように、相手企業も派遣の契約が切れた段階で「あなたを採用しない」という選択ができるのです。いくらあなたが派遣として働いている職場を気に入ったとしても、受け入れてくれるかどうかは求人先の企業次第なのです。

 

調剤薬局、病院、ドラッグストア、一般企業など会社によって事情が異なります。派遣の契約が切れたとき、あなたを正社員として受け入れてくれることを求人先の企業が承諾してくれなければいけません。

 

そして、紹介予定派遣の期間が過ぎて正社員として入社できなければ、当然ながら同じ職場で働き続けることはできません。

 

紹介予定派遣の求人を確認する

 

薬剤師にとって、派遣であればある程度は聞いたことがあるものの、紹介予定派遣というとあまり聞きなれない言葉です。

 

それでは、紹介予定派遣としてはどのような求人が存在するのでしょうか。実際に出されている求人を確認すれば、紹介予定派遣の中身を把握できるようになります。

 

薬局の紹介予定派遣

 

OTCメインのドラッグストアや一般企業で紹介予定派遣の求人が出ることはほぼないものの、調剤薬局や調剤併設ドラッグストアであれば多くの紹介予定派遣の求人が存在します。

 

例えば、以下は調剤薬局の紹介予定派遣の求人です。

 

紹介予定派遣により、薬剤師転職を失敗せずに行うには

 

時給は2400円からスタートであり、土日休みで勤務時間が17:30までという残業なしの紹介予定派遣です。都心であれば当然ながら求人数が多いものの、このように地方都市の求人も存在します。

 

病院の紹介予定派遣

 

また、病院の紹介予定派遣も存在します。小規模病院の案件があれば、200床を超える中規模以上の病院での紹介予定派遣もあります。

 

例えば、以下の求人はそれなりの規模の病院から出されている案件です。

 

紹介予定派遣により、薬剤師転職を失敗せずに行うには

 

病院での紹介予定派遣ですが、調剤経験や病院経験がなかったとしても受け入れてくれます。紹介予定派遣のいいところは、「正社員として迎え入れることが前提」であるため、たとえ未経験者であっても問題なく働けることがあります。

 

また、今回の求人は土日休みであるため、プライベートを充実させたい人にとっても最適です。

 

今回は求人数の多い都市部ではなく地方の求人をピックアップしましたが、東京や大阪など関東・関西であると「治験業務を行うクリニックでの紹介予定派遣」「時給3000円からスタートする調剤薬局の求人」なども存在します。

 

薬剤師が紹介予定派遣で転職するには

 

それでは、薬剤師が紹介予定派遣を活用して転職するためにはどのように活動すればいいのでしょうか。このときは「派遣薬剤師の求人を扱う転職サイト」に登録するようにしましょう。

 

まず、自力で派遣の求人を見つけてくるのは非常に難しいです。そこで転職サイト(転職エージェント)を活用しますが、転職サイトによって性質が異なり、「派遣を取り扱っている転職サイト」と「取り扱っていない転職サイト」が存在します。

 

大手の転職サイトであると派遣を扱っていますが、中小規模の転職サイトでは派遣がないことがあります。

 

派遣を取り扱う転職サイトに登録して転職に成功する

 

このとき、当然ですが複数の転職サイトを活用するようにしましょう。派遣を扱っている転職サイトは少なく、その中でも紹介予定派遣となるとさらに求人数は限られてきます。

 

その中からよい案件をピックアップしないといけないため、必然的に複数の転職サイトに登録し、多くの求人の中から案件を選ばなければいけません。

 

こうしたことを理解したうえで、紹介予定派遣を活用してみてください。

 

面接だけでは分からないことがたくさんあったとしても、実際に一定期間職場を経験すると分からなかったことがほぼ解消されます。

 

薬剤師の転職では「できるだけ失敗せずに転職したい」と考える人がほとんどです。このとき、紹介予定派遣という方法も一つの選択肢になります。紹介予定派遣であればあなたのキャリアを傷つけることなく、調剤薬局や病院、ドラッグストアなどの現場を経験できるのです。

 

このときは転職サイトを利用し、提示されるさまざまな求人を比較・検討した上で慎重に転職活動を行ってください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

紹介予定派遣により、薬剤師転職を失敗せずに行うには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

紹介予定派遣により、薬剤師転職を失敗せずに行うには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

紹介予定派遣により、薬剤師転職を失敗せずに行うには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事