病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師になった後、取得すると転職に有利な資格

 

薬剤師になるには、まず薬系大学へ進学して6年制の課程を修了することが必須条件です。病院実習など必要な過程を経て、薬剤師国家試験に合格するための予備校の助けも借りながら試験にパスすることで、ようやく薬剤師になれます。

 

こうしたステップを無事クリアし、薬剤師として多くの患者さんと関わりながら業務に専念することになりますが、より専門的な分野で活躍するために薬剤師資格以外の資格取得を考える方は多いです。

 

患者さんに貢献できる薬剤師であるほど、多くの勉強をしています。薬理学など医薬品のことだけでなく、異分野知識を取り入れることで多角的に考えることができるようになるからです。

 

自分の知識を深めるためにも、日々学ぶことは大切です。「薬剤師として新しい役割を開拓したい」「専門的な分野にチャレンジしたい」と願うのであれば資格を取得してみてはいかがでしょうか。

 

資格の大まかな種類を把握する

 

それでは、どのような種類の資格があるのでしょうか。これには、「薬剤師向けの資格」「医療スタッフ用の資格」「一般社会の資格」があります。

 

薬剤師向けの資格

 

薬剤師といえば、専門分野をもたないことが強みの一つです。医師のように特定の分野に特化するのではなく、「薬」という分野で幅広い知識をもつのです。

 

ただ、中には一部の分野に特化して高い専門性をもつことがあります。そのような資格としては、認定薬剤師や専門薬剤師があります。

 

認定薬剤師では、ある程度の研修や試験を合格した人に対して、団体から認定証が発行されることで認定薬剤師になります。多くの場合、最初は認定薬剤師を目指し、さらに専門性を高めたい人は専門薬剤師の取得を考えます。

 

認定薬剤師に対して、専門薬剤師の基準は厳しいです。学会で発表したり論文を出したりと「研究活動」が課せられるため、専門薬剤師はかなりのやる気がなければいけません。

 

こうして、がん専門薬剤師や感染制御専門薬剤師などになると、医師のように特定の分野のスペシャリストとして認識されるようになります。

 

調剤薬局やドラッグストアのように多くの患者さんへまんべんなく接する場合はあまり役に立たないかもしれませんが、大病院や特定の分野に特化した中小病院では専門薬剤師が重宝されます。

 

ただ、中にはスポーツファーマシストなど、地域密着型の薬局で必要とされる認定薬剤師もあるため、こうした資格であれば目指す意義が大きいです。

 

医療スタッフ用の資格

 

薬剤師に関わる資格だけでなく、看護師や栄養士など他の職種の方が目指す資格を勉強するのも重要です。薬だけでなく患者さんと接するときは栄養のことまで考えなければいけないため、これらを含めて総合的にアドバイスできるようにするのです。

 

例えば、在宅医療を行う人であれば、栄養サポートチーム(NST)の中で薬剤師としての存在を発揮しなければいけません。そこで、栄養サポート(NST)専門薬剤師を目指す人は多いです。

 

他にもサプリメントアドバイザーや日本糖尿病療養指導士(CDEJ)などがあり、こうした薬以外のことの勉強も必要です。

 

一般社会の資格

 

薬剤師資格を保有しているという理由だけで資格を得られることがあります。例えば、毒物劇物取扱責任者や食品衛生管理者などです。特定の官公庁に申請書を提出すれば、資格が認定されます。

 

また、公害防止管理者など、薬剤師であるため特定の試験取得が有利になっているケースがあります。こうした資格を目指すのも有効です。

 

上記で紹介した資格以外にも、薬剤師の仕事の魅力を高める資格はたくさんあります。薬剤師免許取得後は、資格の勉強に取り組みながら自分のスキルをぜひ磨いてください。

 

メディカルアロマセラピストやヘルスケアアドバイザーなど、探せば意外と役に立つ資格が存在します。薬のことだけに限らず、他の分野まで勉強することで薬剤師としてさらに大きな強みを発揮できるようになるはずです。

 

認定薬剤師、専門薬剤師

 

それでは、実際の資格についてさらに確認していきます。前述の通り、薬剤師の強みは専門性がないことです。ただ、広く浅い知識だけでは問題であるため、前述のとおり専門性を磨くために認定薬剤師や専門薬剤師の制度が設けられています。

 

認定薬剤師と専門薬剤師の違い

 

各学会や機構によって認定薬剤師や専門薬剤師の制度が設定されています。例えば、日本病院薬剤師会には「がん専門薬剤師」があり、日本アンチドーピング機構は「スポーツファーマシスト」を設けています。

 

こうした学会によって認定薬剤師や専門薬剤師の種類、手続きが異なります。ただ、取得するには勉強が必要であり、さらには試験に合格する必要があります。

 

薬剤師として幅広い知識をもちつつも、認定薬剤師や専門薬剤師になることができれば、特定の分野でさらに活躍できるようになります。

 

高度な専門分野を有している点だけをみれば、認定薬剤師と専門薬剤師に大きな違いはありません。ただ、専門薬剤師では学会や論文での発表が求められます。研究テーマを自分で設定し、それについて発信しなければいけません。

 

学会や論文発表はかなりの労力が必要であるため、認定薬剤師に比べて専門薬剤師になるのは難しいといわれています。そこで、通常は認定薬剤師になった後に専門薬剤師を目指します。

 

・がん薬物療法認定薬剤師 → がん専門薬剤師

 

・感染制御認定薬剤師 → 感染制御専門薬剤師

 

・精神科薬物療法認定薬剤師 → 精神科専門薬剤師

 

このように、上記のようなステップアップになります。

 

認定薬剤師になるには

 

認定薬剤師では、通常は論文業績を求められることはありません。所定の研修や講習を受け、試験をパスすれば問題ありません。つまり、「研修・講習を受ける → 試験に合格 → 認定薬剤師」という流れになります。

 

ただ、認定薬剤師としての指定を受けるためには以下のようなさまざまな要件があります。

 

・薬剤師として一定期間の職歴がある

 

・専門領域において、一定期間の活動をしている

 

・一定の症例数を満たしている

 

これらの基準は各認定薬剤師によって異なります。そのため、比較的容易になれる認定薬剤師があれば、狭き門の認定薬剤師も存在します。

 

そして、さらに上昇志向の人は専門薬剤師を目指します。前述の通り、学会発表や論文実績を示すことで専門薬剤師として認められます。

 

認定薬剤師や専門薬剤師になるには、日々の薬剤師業務にプラスして勉強を行わなければいけません。そのため、これらの資格をもっていることは大きなアピールポイントになります。

 

中には、プライマリケア認定薬剤師やNST薬剤師(栄養サポート専門療法士)の資格を活かすため、在宅業務を行う薬局に転職する方がいます。また、より高度な知識を得られる病院への再就職を目指す人もいます。

 

こうした高い意識をもって学ぶことが薬剤師としての活躍の場を広げることに繋がります。現状に満足せず、より患者さんのQOLに貢献したい場合はぜひとも認定薬剤師や専門薬剤師を考えてみてください。

 

また、こうした資格を取得した後は「自分の専門性をより発揮できる職場や環境はどこか」まで考えると薬剤師としての幅が広がるはずです。

 

スポーツファーマシスト

 

それでは、薬剤師に人気のある他の資格についてより深くみていきましょう。

 

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が設定している薬剤師のためのスポーツ資格としてスポーツファーマシストがあります。スポーツファーマシストでは、禁止薬物を投与することによるドーピングの防止を行います。

 

薬剤師は医薬品に対する知識を保有しています。これらの医薬品の中には、競技で禁止されている薬が多数存在します。そこで、選手たちが行う「うっかりドーピング」まで含めて事前防止することがスポーツファーマシストの活動と役割です。

 

スポーツファーマシストの意義

 

運動の基本理念として「フェアプレー」があります。薬物の力に頼った競技はフェアプレーではなく、自分の努力なしに身に付けたものだと考えることができます。

 

また、薬物使用は健康を害することが多いため、推奨されていません。ドーピングは反社会的行為とみなされており、強く禁止されています。

 

こうした考えが広がり、現在では「筋肉増強剤として有名なステロイドを使用してはいけない」ことは誰でも知っています。ただ、このような薬物をスポーツ選手が使うことはないにしても、意図せずにドーピングしてしまうケースを防がなければいけません。

 

例えば、一時的に風邪や咳喘息を患った場合はホクナリンテープ(一般名:ツロブテロール)を処方されることはよくあります。これらβ2刺激薬は使用が禁止されており、使うとドーピングと判断されます。

 

また、生薬である麻黄にはエフェドリンが含まれているため、麻黄を含む漢方薬は使用が禁止されています。

 

花粉症患者に多用される「小青竜湯」や風邪の引き始めに活用される「葛根湯」、インフルエンザに用いる「麻黄湯」など、当てはまる人はかなり多いです。さらにOTCまで含めると、いかにうっかりドーピングをしやすいか想像できると思います。

 

それだけではありません。サプリメントや栄養ドリンクにも注意が必要です。禁止薬物であるテストステロン(男性ホルモン)などが、サプリメントに含まれていることがあるからです。

 

こうした知識を啓蒙し、競技者や指導者に情報提供することでドーピングを防ぐことがスポーツファーマシストの意義であるといえます。

 

選手に適切な薬物指導を行う

 

すべての薬物が禁止されているわけではないため、「選手がケガをしたり病気になったりしたときに使用できる薬」や「日常生活で服用しても問題ない薬」の相談を行うこともスポーツファーマシストの役割です。

 

花粉症の人であれば、前述の通り小青竜湯はドーピングに引っかかります。ただ、抗ヒスタミン薬であれば問題ないです。

 

ただ、抗ヒスタミン薬には眠気の副作用があるため、競技レベルを落とさないように「眠気の少ない抗ヒスタミン薬を勧める」など、薬剤師ならではの活動はたくさんあります。

 

あなたが病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで働いている知識というのは、すぐにスポーツ選手に活用することができるのです。一般の方は上記のような知識を知らないため、これらの活動を通すと薬剤師としての活躍の場が広がります。

 

禁止薬物の種類

 

禁止薬物には「常に使用が禁止されている薬物」「競技中での使用が禁止されている薬物」「特定の競技で使用が禁止されている薬物」があります。

 

筋肉増強に関わるステロイドや赤血球数を増やすエリスロポエチン、気管支拡張剤であるβ2刺激薬などは「常に使用が禁止されている薬物」に該当します。

 

興奮剤や糖質コルチコイドは「競技中での使用が禁止されている薬物」であり、心拍数を抑えて心身の動揺を鎮めるβ遮断薬は「特定の競技で使用が禁止されている薬物」になります。

 

これ以外にもドーピングに引っかかる多くの薬物があるため、スポーツファーマシストはこれらを勉強した上で指導に当たります。

 

なお、かつては「筋肉増強剤を使った痕跡を消せる」として脱毛症治療薬のプロペシア(一般名:フィナステリド)が禁止されていました。実際にこの薬を使用してドーピングに引っかかったプロ選手は何人もいます。

 

ただ、現在は検査技術が向上してプロペシアを用いても問題なくなり、禁止薬物から除外されています。

 

このようにドーピング禁止薬物リストは更新されるため、スポーツファーマシストは常に最新の情報を提供できるように勉強し続ける必要があります。

 

プライマリケア認定薬剤師

 

また、在宅の場で大きな力を発揮するプライマリケア認定薬剤師も薬剤師にとって身近な資格です。

 

現在では病院で死ぬのではなく、患者さんの家(在宅)で診ようという動きが盛んです。これを在宅医療と呼び、医師だけでなく薬局の薬剤師が在宅へ積極的に参加しています。

 

このとき、プライマリケア認定薬剤師の資格が大きな効力を発揮します。重大な病気を発症する前に薬剤師が適切な対処をすることで、患者さんのQOLを改善することを目指します。

 

プライマリケア認定薬剤師の役割

 

「初期医療」のことをプライマリケアといいます。アメリカではかなり前から浸透している考え方であり、病気が起こる前にかかりつけの医師や薬剤師に診てもらいます。特にアメリカでは医療費が高額になりやすいため、プライマリケアでは薬剤師の存在が大きいです。

 

アメリカでは初期医療を薬剤師が担っていることから、「最も信頼できる職業」として薬剤師が常に上位にランクインしているのです。

 

プライマリケアは総合医療のことであり、特定の分野に特化するのではなく、病気の症状を予防医学まで含めて診なければいけません。そのため、プライマリケアは在宅医療で重要となる知識です。

 

ただ、日本では「医師が初期医療を行う」という考えが根強く、医療保険制度もしっかりしているため、アメリカのようにはいきません。そこで、日本での薬剤師によるプライメリケアでは服薬指導や調剤、健康指導など医薬品に関わる部分を補佐するようになっています。

 

在宅では医師の他に看護師や歯科医師、介護福祉士など多職種が連携しなければいけません。そこで、より高い専門知識をもつプライマリケア専門の薬剤師として、プライマリケア認定薬剤師の制度が設けられました。

 

ただ、「医薬品の業務を担う」とはいっても、患者さんの様子を見てある程度は症状を読み取らなければいけません。つまり、バイタルサインを確認するのです。

 

薬剤師は薬ばかりをみて、患者さんの様子を見落としがちです。そこでバイタルサインについても学ぶことにより、在宅で活躍できる知識を身に付けます。

 

プライマリケア認定薬剤師になるには

 

資格を取得するには勉強が必要になります。プライマリケア認定薬剤師であれば、日本プライマリ・ケア連合学会が指定する50単位を4年間で取得しなければいけません。

 

このときに行われる講座は座学だけでなく、他の人とのグループワークやロールプレイングなどが組み込まれています。

 

在宅では高いコミュニケーション能力が求められるため、単に知識を習得するだけでなく、こうしたワークがたくさん行われることが講座の特徴です。現場で応用できるように、プライマリケアに関する研修が組まれているのです。その後、試験・審査を経て認定薬剤師になります。

 

なお、プライマリケア認定薬剤師には更新制度があり、3年で30単位を取得しなければいけません。プライマリケアで必要となる知識は日々新しくなるため、どうしても勉強が必要になります。

 

在宅では「薬を玄関で渡すだけの在宅」になりがちです。これを避けるためには、薬以外にもサプリメントや栄養など、あらゆる知識をもっていなければいけません。また、患者さんから必要な情報を引き出す能力も必要です。

 

そういう意味では、在宅を行う薬剤師だけでなく、薬局や病院での調剤業務・服薬指導をメインとする薬剤師にとってもプライマリケアは重要な基礎知識であるといえます。

 

活躍している薬剤師であるほど、必ず外部機関が主催する勉強会に参加したり、新たな知識を習得したりして自分を高めています。このときの内容を現場に活かせば、多くの患者さんを救うことができます。

 

そのための一つとして、プライマリケア認定薬剤師を考えるのも良いです。グループワークを通して他の薬剤師とも知り合いになれるため、意識の高い人と仲間になれるチャンスであるといえます。

 

さらにいえば、こうした資格を有効活用して職場に大きく貢献すれば、収入や昇進の面で大きなプラスになります。資格だけでは何もなりませんが、このときの知識を最大限に現場で活かすことを考えれば、薬剤師として重宝される存在になります。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師

 

漢方薬に関する認定薬剤師も存在します。薬剤師では西洋薬だけでなく漢方薬まで扱わなければいけません。ただ、薬の専門家とはいっても、漢方薬まで理解している人は少ないです。薬学部で習う「薬理学」は西洋薬が中心ですし、実際の業務でも西洋薬が基本です。

 

生薬や漢方薬を薬学部で習うとはいっても、読み方の分からない膨大な数の生薬名を覚えたり、漢方薬の複雑な生薬の組み合わせを暗記したりした人は多いのではないでしょうか。

 

また、気血水や虚実など漢方だけに存在する特有の考え方も存在します。漢方薬は「その人の見た目」を重視するため、検査値に重きをおく西洋薬とは性質が大幅に異なります。だからこそ、漢方薬の優れている点は多いです。

 

薬剤師である以上は、漢方薬まで理解することが重要です。そのためのステップアップとして、漢方薬・生薬認定薬剤師を目指す人は多いです。

 

漢方薬の利点

 

西洋薬は前述の通り、検査値を重視します。ある特定の値よりも高いか低いかを判断することで、病気かどうかを見極めるのです。例えば、「HbA1cが6.5%以上であると糖尿病」という具合です。

 

一方、漢方薬では検査結果は重要ではありません。体力がある(実証)や虚弱体質(虚証)など、見た目で判断します。そのため、漢方薬は検査結果では判定できない疾患に対して優れた効果を示します。

 

こうした疾患としては、例えば更年期障害やイライラ、のぼせなどがあります。漢方薬によって体質を改善させ、元の状態に戻そうとするのです。

 

ただ、体質の合わない人に漢方薬を使用すれば、副作用に直結します。

 

同じ風邪であっても、肩こりのある風邪の初期に用いる「葛根湯」、水様の鼻水がでる「小青龍湯」、痰の切れにくい咳に用いる「麦門冬湯」など、漢方薬によって性質が異なります。

 

これら漢方薬の特徴と患者さんの症状を見極めたうえで、適切な薬を選ばなければいけません。

 

漢方コースが設けられている学部は別かもしれませんが、こうした詳しい内容は薬学部では教えてもらいません。少なくとも、薬剤師国家試験で生薬学や漢方薬が重視されることはないです。そのため、漢方薬は薬剤師になったあとで独自に学ぶ必要があります。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師になるには

 

日本生薬学会や日本薬剤師研修センターが行う研修に参加し、試験に合格することで漢方薬・生薬認定薬剤師になることができます。

 

このときの研修は座学研修やビデオ研修、インターネット研修など形態はさまざまです。ただ、生薬や漢方に関する試験であるため、必ず1回は全国にある指定の薬用植物園を見学しなければいけません。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師として認定された後は、3年おきに更新しなければいけません。所定の単位を取得し、申請を出す必要があります。

 

もちろん、認定薬剤師になったからといってすぐに評価されるわけではありません。このときに学んだ知識をあなたの現場で活かすことで、ようやく評価されます。資格は飾りであり、それを活かすことで現場に貢献しなければいけません。

 

ただ、漢方薬について体系的に勉強している薬剤師は圧倒的に少数派であるため、こうした認定制度を活用し、さらなる職能アップを考えるのはよいことです。

 

病院や薬局、ドラッグストアなど、あらゆる場面で漢方薬は必要とされています。患者さんから聞かれたときに適切な回答をするためには、学び続けなければいけません。

 

そうして患者さんと向き合っていき、信頼されるようになることが漢方薬・生薬認定薬剤師を取得する本当の意味です。そうすれば、今の職場での職責が上がりやすくなるだけでなく、転職・就職するときであっても有利に働きます。

 

サプリメントアドバイザー

 

薬剤師は薬の専門家ですが、実際に患者さんと接していると医薬品知識だけではカバーできない部分がどうしても出てきます。例えば、患者さんの栄養面に関するサポートです。

 

患者さんは薬だけを飲んでいるわけではありません。サプリメントを服用していることがあれば、健康食品を活用していることもあります。そこで、これらを含めてトータルにアドバイスできる素質が薬剤師に求められます。

 

そこで、サプリメントアドバイザーの資格を目指す薬剤師も多いです。医薬品知識は薬学部や現場で学べますが、こうした知識は自ら取りに行かなければいけません。

 

薬剤師によるサプリメントアドバイザーの役割

 

口に入れるもののうち、日本では「医薬品以外のすべて」を食品として位置付けています。このときの食品は、特定保健用食品(通称、トクホ)以外は好きなように販売することができます。

 

サプリメントといっても、適当に栄養素を詰め合わせて販売している会社は多く、参入障壁の低さから多くの企業がサプリメントを販売しています。そこで、消費者にとって有用なサプリメントをアドバイスできるようにサプリメントアドバイザーの制度が設立されました。

 

薬とは違い、サプリメントはあくまでも食品です。ただ、食事だけでは足りない栄養素を補うためにサプリメントを使用する人は多く、どのサプリメントが必要なのかを個人ごとに助言できる人が必要なのです。

 

薬剤師は薬については詳しいものの、栄養の知識をもっている人は皆無に等しいです。そこで栄養面までサポートできれば、より患者さんのQOL向上に役立ちます。

 

また、薬剤師である以上は「薬と栄養素で相互作用が引き起こされる」ことは常識として知っていると思います。金属系のサプリメントとニューキノロン系抗菌薬の併用は不可ですし、青汁とワーファリンとの相互作用も有名です。

 

これらは薬の性質や薬理学から判断できます。そこで「栄養」に関する知識をもっていれば、これら有名どころの相互作用だけでなく、薬理学の観点からさらに細かい相互作用まで推測し、患者さんにフィードバックできるようになります。

 

サプリメントアドバイザーになるには

 

健康食品やサプリメントに関するアドバイスを行うサプリメントアドバイザーには、日本臨床栄養協会による「日本サプリメントアドバイザー認定機構」が定めたものと、アメリカのニュージャージー州に本部をもつ「日本ニュートリション協会」が定めたものの2つがあります。

 

どちらも民間資格であり、「サプリメントアドバイザー」と同じ名称ですが、受験期間や受験資格、認定基準などに違いがあります。

 

両者を比べたとき、どちらの方が良い悪いというものはありません。2つを調べ、あなたが目指すべき理念や想いに沿った協会が定めるコースを受講すれば問題ありません。

 

いずれにしても、資格取得のためには講習を受けなければいけません。また、参加型の交流会も存在するため、これらを介して人脈のネットワークを広げるのも有効です。

 

薬剤師だからといって、薬のことだけを勉強する時代ではなくなっています。現在では薬局に管理栄養士が在籍することがあります。また、薬剤師が栄養指導する場面も見られます。

 

薬は病気を治療するものですが、栄養は病気の予防に関わる領域です。医療保険制度では「予防」をカバーできないため、医師・薬剤師の最も弱い部分が予防医学だといえます。

 

そこで、栄養を勉強することで予防医学に関する知識まで取り入れ、サプリメントや健康食品までアドバイスできれば、より患者さんのQOLを向上させる薬剤師として活躍できるようになります。

 

サプリメントアドバイザーの資格を取得するだけでは意味はありませんが、このときの知識を現場に活かすことで、より大きな実績を上げることができます。こうして、予防医学まで含めて健康相談のできる人材へと成長していきましょう。

 

薬剤師は常に勉強する必要がある

 

薬剤師として医療に関わる以上、当然ながら常に勉強し続けなければいけません。新薬は常に出てきますし、既存薬であっても新たな適応を取得したために「他の病気に対しても活用できるようになる」ことは頻繁にあります。

 

ただ、西洋薬の知識ばかりつけて他の薬剤師が行っていることと同じ行動をしても、差別化することができません。薬について知っていることは薬剤師として当然なので、「他にあなた独自の強みは何か」という質問に答えることができないのです。

 

そこで、ここでは薬剤師として必要ではあるものの、プラスアルファとなる資格について紹介してきました。もちろん資格をもっているだけでは意味がなく、それをもとに活動する必要はあるものの、こうして他の周辺知識をもっていることはいまの職場で大きなプラスになります。

 

それだけでなく、転職活動をするときであっても「年収アップ」「良い労働条件での就職」など、勤務条件を引き出すときにこれらの活動や勉強してきたことが良い方向に働きます。

 

そのため現状に満足するのではなく、こうした資格が存在することを認識した上で新たなことにチャレンジしてみてください。そうすれば、より薬剤師としてスキルアップできるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師になった後、取得すると転職に有利な資格

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師になった後、取得すると転職に有利な資格

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師になった後、取得すると転職に有利な資格

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事