病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師が転職し、英語を使う職場での勤務や海外派遣は実現可能か

 

薬剤師の中には、自分の英語力を仕事に活かしたいと考える人がいます。場合によっては、海外で活躍したいと思っているかもしれません。

 

こうした場合、どのような求人へ申し込めば英語を活用できる職場へ就職することができるのでしょうか。

 

このときは外資系企業を考えたり、海外派遣のある会社を考えたりと方法はさまざまです。そこで、薬剤師が転職することで英語を活かせたり海外勤務が可能だったりする求人の見方について確認していきます。

 

薬剤師で英語を活かせる求人とは

 

それでは、薬剤師として働くときに英語を活用できる求人としては何があるのでしょうか。

 

薬剤師であると、一般的には調剤薬局や病院、ドラッグストアなどで働くことがほとんどです。ただ、英語力を活かした求人になると様子が変わってきます。

 

調剤薬局、ドラッグストアでの英語事情

 

調剤薬局やドラッグストアで英語を使うとなると、ほぼそのような場面はありません。この場合、英語しか話せない外国人の患者さんが来たときに服薬指導で話すくらいです。

 

そして、そうした外国人が比較的多く訪れる薬局は東京の一部(六本木、大手町、新宿など)くらいです。薬局では基本的には英語を必要とせず、東京都内であってもほとんど英語を活用する場面はありません。

 

大手チェーン薬局では、大手町など英語対応の薬剤師が在籍してある調剤薬局を公開しています。ただ、大手チェーン薬局であっても英語対応の店は1〜2店舗など非常に少ないです。

 

しかも、このときは流暢な英語を話せる必要はなく、中学英語ほどの語学力で問題ありません。詳しい薬効を説明しなくても、どのタイミングで何錠の薬を飲めばいいのか伝えることができれば問題ないからです。

 

例えば、カタコトの英語で「After breakfast. Two tablet. (朝食後、2錠)」「After dinner. One capsule. (夕食後、1カプセル)」などのように、錠剤やカプセルを見せながら飲み方を教えたり、日本語表記で分かりにくいと感じた場合はその場で簡単な英語でのメモをペンで書いたりすれば問題ありません。

 

そういう意味では、服薬指導のとき外国人へ説明することに対して緊張する必要はありません。実際に行ってみればわかりますが、吸入薬の服薬指導であってもジェスチャーで何とか通じます。

 

なお、国際空港にあるドラッグストアでは英語を活用する場面があるものの、「どこに商品があるのか案内するときの言い回し」「商品の値段を回答するときの表現」など、ある程度の決まり文句を覚えておけば問題ないため、これについても英語力はそこまで必要ではありません。

 

病院で英語は必要なのか

 

調剤薬局やドラッグストアで英語が必要ないことは述べましたが、これは病院薬剤師であっても同様です。薬の服薬指導をするとき、そこまで高度な英語力が求められるわけではありません。中学英語であっても、薬の飲み方を伝えることは十分に可能です。

 

なお、病院によっては海外派遣をしていることがあります。例えば、日本赤十字社などです。

 

しかし、日本赤十字などの病院が海外派遣を実施しているとはいっても、主に医師と看護師です。もちろん、これまで薬剤師が海外へ派遣されたケースはあります。ただ、どの国でも薬剤師は1〜2名ほどです。

 

国際医療拠点病院で薬剤師として経験を積み、英語力を磨き、その中から選ばれるためにはかなりの努力が必要です。海外派遣のチャンスはあるかもしれませんが、募集が出ることはあまり期待しない方がいいです。

 

また、日常的に英語が必要になるわけではなく、基本は一般的な病院薬剤師として勤務するため、英語を仕事に活かしたい場合に病院薬剤師は向いていません。

 

製薬会社、医療機器メーカー、CROが一般的

 

それでは、薬剤師の中で英語を使って活躍している人はいないのでしょうか。もちろんそうではなく、一般企業であれば英語を必要とする職種があります。

 

製薬会社、医薬品メーカー、CRO(受託臨床試験機関)などの会社が就職先であり、このときは学術(DI業務)、薬事申請、臨床開発などの職種で活躍することになります。

 

・学術(DI業務)で必要となる英語

 

医療業界の場合、たとえ外資系企業であっても英語を活用する場面はほとんどありません。例えば、外資系製薬会社のMRは英語を扱えない人がほとんどです。医者に薬の説明をするとき、英語は必要なく、それよりも営業力の方が大切だからです。

 

私も薬剤師をしていますが、外資系MRの人の中に英語力が堪能な人を見たことがありません。私が気づいていないだけかもしれませんが、少なくとも製薬会社に限っていえば外資系で働くときに英語は必ずしも必要ないのです。

 

ただ、医師に薬の説明をしたり文献(論文)を取り寄せたりするとき、論文は英語で書かれているのでその説明をしなければいけません。このとき、学術(DI業務)の人が活躍します。

 

MRからの質問に対しては、学術職の人が英語で書かれた論文を読解し、日本語でMRに対してフィードバックします。そうして、営業活動を行いやすいように支援するのです。

 

こうした仕事は国内企業であっても外資系企業であっても、関係なく必要です。そのため、学術職では英語での読解力が求められます。

 

ただ、ネイティブの外国人と話す機会があるわけではないため、あくまでも専門用語の英語(医療英語)を読み解く力があれば仕事を行うことができます。

 

なお、実際に薬剤師として英語を活用するときは、後で紹介する薬事申請や臨床開発職で働く人が多いです。この場合は英語での会話が必要な場面があったり、英語での読解力が求められたりするからです。薬剤師転職の中でも「英語力が要求される求人」の多くは、薬事申請や臨床開発の案件が多いです。

 

・薬事申請

 

医薬品や医療機器、医薬部外品などを製造したり輸入したりするとき、必ず厚生労働省へ申請しなければいけません。このとき、公的書類を作ったり申請したりする仕事のことを薬事申請といいます。

 

薬事申請を行うとき、英語が必須です。仕事で話す相手は日本人だけでなく、海外にいる外資系メーカーの人と会議することがあります。また、原薬を輸入するときは海外メーカーと英語で話したり、メールのやり取りをしたりします。

 

こうしたことから、薬事申請では日常業務で英語を活用すると考えてください。

 

もちろん、メーカーによって働くときの環境は異なります。例えば、会議のときは必ず通訳がつく場合があります。この場合、会話に関しては心配しなくてもいいです。ただ、その場合であってもメールのやり取りは英語です。

 

こうした薬事申請業務を行っている会社としては製薬会社や医療機器メーカー、CROがあります。これらの会社で英語を活用しながら薬事申請を行っていきます。ちなみに品質管理であっても、似たような仕事を行い、英語を必要とすることがあります。

 

・臨床開発

 

薬事申請は医薬品を世の中に出すために必要な仕事ですが、同じように医薬品を育てる職種として臨床開発職があります。要は、治験(臨床試験)でのモニタリングを行う人のことです。

 

プロトコル(治験実施計画書)に従って治験が行われているかを確認するのが臨床開発の仕事ですが、単に病院やクリニックを回ってモニタリング業務を行う場合、そこまで英語は必要とされません。ただ、プロジェクトリーダーなどマネジメントを行う側の立場であると英語が必要になってきます。

 

一般的には、治験を行うときはアメリカなど「先に海外で臨床試験を実施して、そのときのデータを活用しながら日本で治験を実施する」のが基本です。このとき、海外症例の文献は当然ながら英語です。

 

また、国際共同治験など複数の国で臨床試験を実施する場合は英語でやり取りをしなければいけません。さらに、一般的な治験であっても現地の外資系メーカーと共同でプロジェクトを進めることが多いため、英語で会議をしたりメールをしたりすることが多くなります。

 

なお、薬事申請と同様、臨床開発でも製薬会社や医療機器メーカー、CROが主な就職先です。

 

英語を活かして働くには

 

それでは、どれくらいの英語力が必要なのでしょうか。一般的には、TOEICが英語力を図る指標として知られており、求人票にも求められるTOEICの点数が書かれてあります。

 

ただ、実際のところ転職時の面接でTOEICが重要視されるかというと、そこまで重視されません。なぜなら、たとえTOEICの点数が高かったとしても実践で使える英語力を身につけていない人が多いからです。

 

TOEICが900点を超えていたとしても、ネイティブとの会話やメールがまったくできない人は多いです。一方でTOEICの点数が500点台であったとしても、海外の人と会話してメールのやり取りがスムーズな人は実際にいます。

 

こうした実情を求人側の会社は知っているため、TOEICは参考程度にしかならないのです。

 

医療英語を理解しておく必要がある

 

また、TOEICで高得点でもネイティブと会話やメールができない原因として、医療英語を理解していないことがあげられます。単語や医療英語独特の言い回しが分からなければ、内容を理解することはできません。

 

このとき、英語を身につける前にまずは日本語で専門知識を身につける必要があります。薬事申請であれば、薬事業務に関わる仕事を把握するようにしましょう。臨床開発であっても、どのように治験業務が進んでいくのかを含め、あらゆる事例を日本語で把握するのです。

 

専門英語は簡単といわれますが、これは半分正解であり、半分ウソです。

 

私も英語論文を読んで仕事をしていた時期がありましたが、このときは書いてある内容がまったく分かりませんでした。この理由は単純であり、そもそも「その英文の日本語訳を読んでも内容が分からなかった」ことがあります。

 

日本語を理解できないのに、英文を理解できるわけがありません。そこで、日本語で専門分野について必死に理解した後、単語を調べながら英語論文を読むと、ようやく理解できるようになりました。そうして論文を読み進めていくと、決まったパターンや言い回しがあることに気づくため、ようやく辞書なしで内容が分かってくるようになるのです。

 

医療英語を含め、最初に理解すべきは日本語での内容です。その後、自分の専門知識を高めた後に英語を読み解く必要があります。

 

ただ、薬剤師であれば、薬や医療に関することについては既に知識があるため、一般人に比べると医療英語を活用できるようになるスピードは速いはずです。

 

外資系企業で海外勤務はあるのか

 

なお、たとえ英語力に堪能で薬事申請や臨床開発、品質管理などで活躍していたとしても、国内企業であると海外勤務はほぼありません。場合によっては海外出張や留学をさせてくれるかもしれませんが、基本的には海外勤務をすることはないです。

 

一方で外資系メーカーであれば、海外勤務の可能性がゼロではありません。外資系の製薬会社では薬事申請や臨床開発などで本社の社員と英語で会話をすることがあり、社内での活躍が認められたら当然ながら海外にある本社や支店での勤務を命じられることがあります。

 

ちなみに、海外派遣を考えているのであれば製薬会社や医療機器メーカーなどに限らず、バイオメーカーや化粧品会社を含め、転職先の範囲を広げるといいです。

 

こうした会社であっても薬剤師を欲していることが多いため、求人に応募することで興味をもってもらえる可能性が高いです。

 

薬剤師が応募できる実際の求人を確認する

 

それでは、実際に薬剤師が転職するときにどのような英語を活かした求人が出されるのでしょうか。これについて、実際の求人例を確認しながらみていきます。

 

薬事申請での求人

 

例えば、以下はCROが出した「薬事申請業務を行える人」の募集です。

 

 

基本は日本語ではあっても、日常的に英語を活用する機会の多い会社です。当然、仕事でも英語を使わなければいけません。

 

求人への必須となる応募条件としては、「TOEIC800点ほどのビジネス英語能力」「医薬品の薬事申請業務の経験」「薬剤師資格」があります。品質管理や薬事申請を含め、薬剤師資格を必須としている会社は多いです。

 

年収は800〜1000万円なので、即戦力を求めています。未経験の人が応募するのは難しいですが、薬事申請やGMPなどの経験があり、英語を日常的に活用したいと考えている人にとっては優れた求人案件です。

 

品質管理の求人

 

先ほどの事例は英語能力が高く、さらには薬事申請業務の経験を有している人であるため、ハイステータスの人を求める求人です。

 

そこで、年収は先ほどよりは低いものの薬剤師であれば転職可能な案件について確認していきます。

 

 

製薬会社の品質管理職であり、薬剤師資格が必須になっています。また、原薬の輸入や輸出を行っており、海外との取引もあるので英語力のある人を求めています。年収は400万円以上からのスタートです。

 

外資系では英語で求人が出されることがある

 

なお、外資系企業の場合は薬事申請や研究開発などの募集を行うとき、英語で求人票を出すことがあります。例えば、以下のような感じです。

 

薬剤師が転職し、英語を使う職場での勤務や海外派遣は実現可能か

 

マネージャー職の募集であり、年収は800〜1200万円の求人です。求人票の段階から英語であることは普通なので、これらを確認した上で応募するようにしましょう。

 

英語を活かしたい場合、早めにキャリアプランを考えるべき

 

調剤薬局やドラッグストアなどで薬剤師を行う場合、薬剤師免許さえあれば多くの求人が存在します。病院であっても、多少の年齢制限はありますが歓迎してもらえることが多いです。

 

ただ、英語を活かして働きたいと考えたり、海外勤務を検討していたりする場合は一般企業へ就職して働くことになるため、難易度は急激に高くなります。

 

また、調剤を行っていた人がいきなり薬事申請や臨床開発を行えるようになることはありません。薬局や病院に勤めていた人がいきなり外資系企業の薬事申請部門へ転職するのは至難の業です。基本的には、既に薬事申請を仕事として行っていたり、臨床開発を経験していたりする人が転職を受け入れてくれる対象になります。

 

そこで、もし薬剤師資格を活かしながら英語を活用し、学術や薬事申請、臨床開発の分野に携わりたいと考えているのであれば、まずは製薬会社やCROなどに転職して日本語で業務を行えるようになりましょう。

 

そうして専門知識や技術を磨いた後、転職によって英語をフル活用できる求人を探し、就職するのが正しい手順です。

 

転職市場は若いほど価値が高く、30代後半になって「調剤ばかり経験してきたが、これから英語を活用できる職場へ転職したい」と考えても厳しいです。

 

早い段階からキャリアプランを見つめなおし、転職サイトを活用しながら、将来英語を活かせる会社で働けるように身につけるべきスキルを考えるようにしましょう。一般企業で新たな薬を世の中に出すことに携わることが、薬剤師として活躍しながら英語を活かせる方法だといえます。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師が転職し、英語を使う職場での勤務や海外派遣は実現可能か

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師が転職し、英語を使う職場での勤務や海外派遣は実現可能か

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師が転職し、英語を使う職場での勤務や海外派遣は実現可能か

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事