病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

高い年収を実現させる薬剤師が行う転職・求人の心構え

 

薬剤師が高年収を実現させるとき、考えるべきことや行うべきことがあります。給料が高いということは、それだけ薬剤師の能力が高かったり、求人先(薬局や病院など)が望むスキルをもっていたりすることを意味します。

 

ただ、当然ながら無条件で高年収を提示されることはありません。適切な行動をすることによって、ようやく高い給料を実現できるのです。

 

なお、病院薬剤師の転職で高年収の人は「同じ病院の中でずっと頑張り、薬剤部長(薬剤課長)まで出世した人」のような一握りの人間であり、転職で高年収を引き出すことは難しいです。そのため、ここでは調剤薬局やドラッグストアなど薬局薬剤師の転職での高年収求人について解説していきます。

 

薬剤師の給料はどこから出ているのか

 

まず、薬剤師であるあなたは、「薬剤師の給料はどこから出ているのか?」を考えたことはあるでしょうか。もちろん、直接的には病院や薬局の経営者から支払われます。ただ、それ以前に「どのようにして薬剤師の給料が決まっているのか」ということです。

 

OTC専門のドラッグストアは別にして、病院や調剤薬局で働く薬剤師の給料は主に「調剤報酬」で決められています。

 

パート薬剤師として働くとなると、最低でも時給2000円です。普通に考えて時給2000円を出せるアルバイトはなかなかありません。ただ、薬剤師での調剤報酬の体系であれば、これが可能になるのです。それでは、この調剤報酬はどのように決まるのでしょうか。

 

これに答えられる薬剤師はかなり少ないです。薬剤師会の活動に対して積極的に参加している人でなければ、これに答えられません。ただ、薬剤師として働く以上は、調剤報酬がどのようにして決まるのか知っておくべきです。

 

そして実際のところ、知識レベルが高く高年収を実現できる薬剤師であるほど、調剤報酬がどのようになっており、薬剤師会や薬剤師連盟がどのように関与しているのかを理解しています。実は調剤報酬では、政治が深く関わっています。

 

薬剤師連盟と調剤報酬

 

「政治」と聞くと、どのようなイメージをもつでしょうか。何だか堅苦しくて、自分とは程遠い世界と思うことでしょう。

 

ただ、調剤報酬は政治によって決まります。国会議事堂などで薬剤師推薦の議員たちが裏で根回しを頑張ることで、2年に一回の報酬改定で薬剤師にとって有利になるように話を進めているのです。

 

これを後押しするため、薬剤師のみんなが一致団結して頑張るための団体があります。それが、薬剤師連盟です。いわゆる、政治団体のことです。また、政治とは切り離された形で、薬剤師会が頑張っています。このとき薬剤師会で活躍している人は、薬剤師連盟でも頑張っているケースが多いです。

 

しかし、必ずしもあなたが政治に参加する必要はありません。それよりも、これら薬剤師連盟や薬剤師会が主催している活動に興味をもって参加してほしいと思います。

 

薬剤師連盟の活動を知る

 

薬剤師連盟であれば、40歳まで参加可能という「若手薬剤師の会」が各地で開催されているはずです。これにぜひとも参加してください。一回でもいいので会に顔を出すと、意識が変わるはずです。

 

大抵の場合、県外からも経験豊富な多くの薬剤師が参加しています。また、薬剤師として長年頑張ってきた経歴の長い人もゲストとして加わっています。会に参加すれば、これらの人の貴重な話を聞けるはずです。

 

この人たちの話を聞けば、薬学部で学習する「机の上だけでの勉強」では何も学んでいないことに気がつきます。

 

・かつての薬剤師はどうだったのか

 

・どういう歴史があって、今の薬剤師の地位が築かれているのか

 

・何を思って患者さんと接すればいいのか

 

・薬剤師はなぜ団結しないといけないのか

 

大学では絶対に教えてもらえない、これらの疑問をすべて解決できます。薬剤師連盟が主催する会に出席することで、薬剤師同士が横の繋がりをもつことの重要性に気が付くはずです。そして、これらの団体の活動がどれだけ重要なのかも理解できます。

 

薬剤師として働くのであれば、政治は無縁ではありません。「給料が少ない」と嘆く暇があれば、これらの団体が行っている活動に少しでも参加してみることから始めてみましょう。

 

薬局の特性を見極める

 

かつての薬剤師が頑張った結果として、今の給与体系(調剤報酬)が保たれています。ただ、中には薬剤師連盟や薬剤師会へ加入していない薬局があります。

 

ここまでの話を理解すれば、薬剤師会に入っていない薬局は相当残念であることが分かります。

 

調剤報酬として薬剤師が給料を受け取れるのは、過去の先輩たちの努力があるからです。薬剤師会にすら入らないということは、先輩薬剤師たちの努力にタダ乗りしていることと同じです。

 

自分たちは何も努力しようとせず、他人の力だけで何とか甘いエキスを吸おうという考えがその薬局の経営者からにじみ出ています。このような薬局は、大手チェーンに多いです。

 

ただ、少なくともあなたは薬剤師連盟や薬剤師会の活動に目を向けてみてください。そこには、多くの意識の高い薬剤師が集まっています。彼らの話を聞けば、自然に意識は高い方へと導かれていくはずです。

 

政治に参加しなくても問題ありません。ただ、会の活動に顔を出すことで、「どのようにして今の薬剤師が成り立っているのか」くらいは知っておいても良いのではないでしょうか。

 

それを理解するため、薬剤師連盟や薬剤師会で開催される仲間うちの会に一回でも参加するのは、薬剤師として必須だと考えてください。

 

薬剤師の給料(年収)は需要と供給のバランスで決まる

 

薬局薬剤師であれ病院薬剤師であれ、レベルの高い薬剤師は例外なく薬剤師会や薬剤師連盟の活動に参加していると考えていいです。こうした、本当の意味で薬剤師のことを理解している人たちの方が当然ながら高年収を引き出せます。

 

ただ、どれだけ優秀な人であったとしても「働く地域」によって年収の額は大きく違ってしまいます。

 

一般企業であると、都市部の方が給料は高いです。また、大企業であるほど、年収は高くなる傾向にあります。

 

しかし、薬剤師の業界では真逆になります。都市部に行くほど給料は下がり、大企業になるほど年収は低くなります。それでは、なぜこのような現象が起こるのか考えたことはあるでしょうか。ビジネスの視点で考えると、これにも理由があります。

 

医療は不況であったり、田舎であったりしても儲かるビジネスである

 

都市部になるほど、単純に人が多くなります。これは、ビジネスを行いやすいことを意味します。例えば、ラーメン屋を開業するにしても、「人通りの多い道の前」と「閑散とした道の前」では売上が何十倍も変わってきます。

 

当たり前ですが、一般的な商売は人が多くなるほど稼ぎやすくなると考えてください。これが、都市部で働くほど給料が高くなる理由です。

 

ただ、医療業界となると話が違ってきます。医療というのは、不況に強い産業です。たとえ不況だからといって、病気に罹ったときに病院に行かない人はいません。つまり、一定数の人がいる地域ではビジネスとして成り立ちます。

 

そのため、普通ではコンビニでさえ存在しないほど人口の少ない村であっても、医療ビジネスは成り立ちます。そこに人がいれば、一定数は病気の人が必ずいるからです。

 

もちろん、田舎では医療機関の数は都市部ほど多くありません。それでも、格段にビジネスを行いやすい産業が医療であるといえます。

 

都市部の薬剤師は多く、田舎になるほど少なくなる

 

しかしながら、人は都市部に集まる傾向があります。本来、「医療を必要とする人の需要」は人口の割合から見れば一定です。ただ、医療従事者は都市部に集まるため、田舎の方が圧倒的に医療従事者数が少なくなります。

 

こうして都市部にいる薬剤師の数が多くなり、採用が容易になるので多少の給料を下げても問題なく人が集まります。一方、田舎では高給を提示しても薬剤師が来てくれないため、さらに高い年収の求人を出すようになるのです。

 

実際、私は島根県にある、かなり田舎の町に住んでいたことがあります。

 

18:00になるとスーパーでは半額のシールが貼られるようになり、21:00になると道路からは車が消えて信号は赤色の点滅だけになるというほどの田舎の町です。この町にある薬局では、新卒薬剤師の年収が600万円でした。

 

もっと極端な話をすると、島根県には隠岐の島という「松江市から船で2時間くらい揺られると到着できる島」があります。この隠岐の島に出されていた薬剤師の求人では、年収800〜1000万円が提示されていました。

 

それだけ、薬剤師に対する需要が高いことが分かります。このことから考えると、薬剤師の給料は「どれだけ薬剤師を欲しているのか」という需要と供給のバランスで決まります。

 

ちなみに、島根県には薬科大学がありません。これも、薬剤師不足を招いている原因の一つです。薬科大学や薬学部(総合大学)のない県は薬剤師の年収が高くなりやすいです。

 

大手チェーンであるほど、給料が下がる理由

 

ここまで理解すれば、大手チェーンの薬局であるほど年収が低くなる理由が分かります。大手チェーンには多くの人が集まります。そのため、言葉を悪くすれば「他の薬剤師でも替えがきく」ことになります。多くの薬剤師が申し込んでくれるため、給料を抑えても問題ありません。

 

同じことは大病院にもいえます。大病院の薬剤師は薄給で有名です。ただ、それでも多くの人が募集します。別に給料が安かったとしてもまったく問題ないのです。

 

しかし、中小薬局では話が違ってきます。薬局は薬剤師がいないと成り立たないビジネスです。小さい薬局では元々の薬剤師数が少ないため、一人でも辞められると困ってしまいます。

 

つまり、一人の薬剤師に対する需要が高くなります。その結果、高い年収の求人を提示するようになります。

 

このように考えると、薬剤師の年収はビジネスの原則に従って動いていることが分かります。しかも、難しい原則ではありません。需要と供給という、かなりシンプルな考えの元で成り立っています。

 

中には、転職によって給料を上げたいと考えているがいます。ただ、都市部への転職で高給を望むのは、それだけのスキルがない限り難しいです。これは、経営者があなたに支払う給料をどのように決めているのかについて、冷静に考えると見えてきます。

 

高年収を実現する求人の見つけ方

 

それでは、実際のところどのようにすれば転職によって薬剤師が高い年収を引き出すことができるようになるのでしょうか。

 

これを実現するためには、求人を出している転職先に対して「あなたがそれに見合う人材」であることをアピールする必要があります。

 

高収入の案件は転がっているわけではない

 

前述の通り地方僻地に行けば、新卒薬剤師であっても年収600万円を軽く超えるようになります。ただ、これが例えば東京都内であればかなり厳しいです。そうした求人案件は存在するものの、稀にしかありません。もちろん、その場合は他の人と奪い合うことになります。

 

そういう意味では、薬局や病院側から提示される高収入の案件はかなり少ないです。これは、薬剤師の働き方に理由が隠されています。

 

一般企業に比べると、薬剤師はゆるい働き方をしています。中には必死で頑張っている人もいますが、勉強会へ積極的に出席したり、誰から言われるでもなく夜遅くまで残ったりして、主体的に行動する人は稀です。

 

そのため、薬局や病院などでは「薬剤師がゆるい働き方をしたときの年収」を提示します。実際に働いてくれるときの期待値はそこまで高くありません。

 

ただ、逆にいえば、これは「年収を上げるための余地がたくさんある」ことを意味します。実際、本気で働いてくれる薬剤師がいれば、それだけ薬局や病院は儲かるようになります。

 

例えば、「子供の運動会がある」などの理由で休む人と、「どのような理由があっても休まずに仕事をする」という人では価値が大きく異なります。

 

薬局で不足した薬剤師を補うために派遣を頼むとなると、この場合は派遣会社への支払いなども含めると時給5000円ほどの費用が必要です。1日に換算すると、4万円もの経費になります。

 

ただ、休まずに働いてくれる薬剤師であれば、圧倒的に安い経費におさえることができます。こうしたことを交渉材料にすれば、高収入を引き出すことが可能になるのです。「一般的に薬剤師はゆるい働き方を望む人が多いため、これを理解したうえで積極的に働けることをアピールする」ようにするといいです。

 

高年収の実現には転職サイトの存在が重要

 

もちろん、上記のようなことを実現するためには、転職先との「交渉」が必要になります。大っぴらに高収入の案件が公開されているわけではありません。

 

ただ、これを個人の力で実現するのは現実的ではないため、必ず転職サイト(転職エージェント)に登録してプロのコンサルタントに交渉してもらわなければいけません。

 

このときの注意点としては、「敏腕のコンサルタントに担当してもらう」ことがあげられます。新人のコンサルタントでは、当然ですがこれまで述べてきたような交渉を自ら考えて実行することができません。

 

ただ、大手であっても転職サイトに在籍するコンサルタントの1/3は新人であるため、必ず複数の転職サイトを活用する必要があります。新人に当たってしまうと、良い条件を引き出すことができないからです。

 

複数サイトを活用することであなたと合う転職エージェントを見つけ、力を借りながら就職先と年収や勤務条件の交渉をしてもらうようにしましょう。

 

転職エージェントによって勤務条件が決まる

 

基本的には、良い転職先や求人案件はコンサルタントの質で決まると思ってください。実際、私が転職サイトの敏腕コンサルタントにインタビューしたとき、「年収800万円以上の高単価の転職先を実現しているコンサルタントは少なく、社内でも5人ほどのコンサルタントが高年収案件の上位を独占している」と話してくれました。

 

もちろん、確実にこうしたコンサルタントに当たるという確証はないため、前述の通り複数の転職サイトを利用するのが望ましいのです。

 

田舎以外で高い収入がないかというと、必ずしもそうではありません。東京や大阪などの都市圏であっても、高年収は可能です。ただ、このような案件は大っぴらに公開されているわけではないため、転職サイトのコンサルタントに交渉してもらう必要があるのです。

 

こうした事実を理解したうえで、高い収入を得たいのであれば、転職先の経営者に対して「長く働くことができ、さらには本気で職場に貢献する」ことを示すようにしましょう。そうすれば、ようやく高年収の求人案件を引き出せるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

高い年収を実現させる薬剤師が行う転職・求人の心構え

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

高い年収を実現させる薬剤師が行う転職・求人の心構え

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

高い年収を実現させる薬剤師が行う転職・求人の心構え

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事