病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

漢方薬局の求人を探し、薬剤師の転職を実現するには

 

薬剤師として就職・転職をするとき、最も多くの人が働く先として薬局があります。このときの薬局とは、調剤薬局やドラッグストア(調剤併設ドラッグストア)があります。

 

ただ、こうした薬局の中には「漢方薬をメインで扱っている」という店があります。いわゆる漢方薬局であり、西洋薬の取り扱いが一般的な中で、漢方薬にフォーカスするという珍しい薬局です。

 

薬剤師の中には、こうした漢方薬局への就職・転職を考える人もいます。それでは、どのように考えて漢方ありの薬局の求人を探し、働くようにすればいいのでしょうか。漢方薬局では、一般的な調剤薬局やドラッグストアと行っていることが大きく異なるため、これについて理解する必要があります。

 

勉強好きな人に向く漢方薬局

 

薬学生であれば、生薬や漢方について勉強する機会があります。ただ、その量は膨大であるものの、薬剤師国家試験の点数アップにほとんど役に立たないため、最初から生薬や漢方の分野を捨てる人がほとんどです。

 

また、実際に病院や薬局などで働き始めたとしても、西洋薬がメインであるため漢方薬についてしっかりと勉強する機会はありません。そのため、薬剤師であっても漢方について深く理解していないことがほとんどです。

 

「虚実」「気血水」などの単語や意味は知っていたとしても、東洋医学に関わる他の概念について無知であることが多いのではないでしょうか。

 

そのため漢方薬局で働き始めるとなると、ほぼゼロの状態から勉強しなければいけません。調剤薬局やドラッグストアのように漢方薬を「サブ」として扱っている薬局ではなく、漢方薬局ではこれまで勉強したことのない東洋医学について必死で学ぶ必要があるのです。

 

そういう意味では、勉強が苦手な人にとって漢方ありの薬局は向いていません。ただ、新たなことを学ぶことでチャレンジすることが好きな人にとっては、漢方は多くの人にとって未知の分野なので新たな知見を開けるはずです。

 

漢方薬局のビジネスモデルを学ぶ

 

そして、一般的な調剤薬局と比べて漢方薬局はビジネスモデルが大きく異なります。調剤薬局では、保険調剤にすべてをゆだねています。患者さんが処方せんをもってこなければ、調剤薬局の運営は成り立ちません。

 

それに対して、漢方薬局では多くの場合で保険適応されず、自費治療を基本にしています。もちろん、処方せんを受け付けている漢方薬局はあるものの、調剤薬局のように処方せん一辺倒ではありません。

 

こうした漢方薬局の多くは、薬局内にセミナールームがあったり定期的にイベントを開催したりしています。そこに人を呼びこみ、漢方薬について知ってもらうと共に漢方製剤の有用性を啓もうします。

 

「妊活」「冷え」「疲れ」「更年期障害」など、西洋薬で対応できない症状であっても漢方薬であれば有効なケースは多いです。患者さんと薬剤師が直に接することで、どのような漢方薬が良いか提案できることに他の薬局とは違う大きなやりがいがあります。

 

漢方内科の隣にある薬局は例外的に保険適応となる

 

なお、例外として漢方内科(漢方クリニック)の横にある薬局の場合、漢方メインの処方せんが飛んでくるため保険調剤が主な収益源です。この場合、先ほどのようなセミナーなどはほとんど行っていないことが多いです。

 

漢方内科(漢方クリニック)の隣であると扱う薬の多くが漢方薬であるため、それについては勉強する必要があります。

 

ただ、病院やクリニックの隣にある漢方薬局ではセミナーやイベント開催などを開催する必要がなく、処方せんだけで経営が成り立つため、自費治療で頑張っている漢方薬局に比べると患者さんとの触れ合いは圧倒的に少なくなります。

 

また、扱う漢方薬もツムラかクラシエの漢方薬(医療用医薬品)だけに偏るため、スキルや知識という意味では自費治療がメインの漢方薬局で働くよりも劣ってしまいます。

 

これについては、どちらの漢方薬局が良いのか自分で選ぶといいです。患者さんと積極的に接したい方は自費治療メインの漢方薬局にするといいし、漢方を学びたいがコミュニケーションがそこまで得意でない人は漢方内科(漢方クリニック)の隣にある薬局へ転職すればいいです。

 

漢方薬局で働くための資格

 

それでは、漢方薬局で働くためには資格が必要なのでしょうか。基本的に薬剤師であれば、特別な資格は必要ないと考えるといいです。

 

自費治療の漢方薬局であれば、保険適応されないので究極的には無資格の人であっても問題ありません。ただ、実際は薬剤師資格をもっている人が患者さんの応対をすることがほとんどなので、薬剤師資格さえあれば他に資格は必要ありません。

 

漢方薬局にはどのような患者さんがくるのか

 

それでは、実際に漢方薬局へ転職して働くようになった場合、どのような患者さんが来院するようになるのでしょうか。これについては、主に女性を相手にするようになります。

 

まず、西洋薬と漢方薬では性質が大きく異なります。西洋薬の場合、数値が重視されます。例えば、「血圧は上が140であると高血圧」「HbA1cが6.5以上だと糖尿病」のように数値から病気を判断します。

 

一方で漢方では数値よりも症状や患者さんの見た目が重視されます。「虚弱体質」「赤ら顔」「お腹に張りがある」などです。そのため、漢方薬は「数値では判断できない症状の改善」に効果を示します。

 

「数値では判断できない症状」とは、例えば不妊やアトピー、更年期障害などを指します。「何だか体がだるい」などのような不調も漢方薬が得意です。

 

そして、こうした数値で表されない症状を発症する人は女性が多いです。不妊や更年期障害などは女性特有であるため、こうした理由から女性が漢方薬局を利用しやすいのです。

 

それでは、漢方薬局で具体的にどのような症状を主に扱っているのかというと、主に以下のようになります。

 

不妊治療(子宝相談)

 

漢方薬局で取り扱うもののうち、不妊治療はメインの一つです。多くの漢方薬局が不妊症に悩む女性を対象に子宝相談を実施しています。

 

避妊をせずに1年以上、子づくりに励んでも妊娠しない場合は不妊症とされています。こうしたとき、体質から改善する漢方の力を活用することで、原因不明の不妊症を治療して妊娠しやすくさせます。

 

不妊の原因はさまざまです。「身体が冷えやすくなっている」「血のめぐりが悪い(お血)」など、人によって異なります。その人によって漢方薬を使い分け、さらには生理周期によっても薬を変えていくことで不妊治療を実施していきます。

 

特にお血(悪い血のめぐり)に関わる婦人病は多く、子宮内膜症や子宮筋腫などはお血と深い関わりがあります。こうした状態を漢方によって取り除くのです。

 

西洋薬であるとホルモン剤や排卵誘発剤による治療しか行えず、治療が長引くほど卵胞の発育が悪くなります。そこで、漢方による体質改善を行うのです。

 

また、男性側が原因による不妊もあるため、この場合は男性も漢方薬を服用することで体質改善を行うことがあります。

 

PMS、更年期障害

 

生理前になると頭痛や吐き気、冷え性、イライラなど不快な症状が表れる病気をPMS(月経前症候群)といいます。PMSは不妊症とも関わっていますが、こうした「何となくだるい症状」は漢方薬が適しています。

 

また、同じように更年期障害も漢方薬が優れています。当帰芍薬散や加味逍遥散などは更年期障害に効果を有する漢方薬として有名ですが、こうした漢方薬を活用することで婦人病を改善させていきます。

 

アトピー性皮膚炎

 

皮膚疾患にはアトピーやじんましん、肌荒れなどがあります。その中でも、漢方薬局ではアトピー治療を行っていることが多いです。

 

アトピー性皮膚炎では主にステロイド外用薬が活用されます。ステロイドは効果が高いものの、その場しのぎの対症療法です。

 

ステロイドに頼らずにアトピー治療をしたいという人は非常にたくさんいます。こうしたニーズに応えるため、漢方を活用することで根本治療を目指すのです。

 

漢方では、アトピーは乾燥タイプ(皮膚がカサカサして、冬に症状が悪化するタイプ)と湿潤タイプ(肌がじゅくじゅくして、夏に悪化するタイプ)の2つがあると考えます。そこから、症状や体質に合わせて適切な漢方薬を使用していきます。

 

ニキビ

 

皮膚疾患の中では、アトピーの次に多い患者さんとしてニキビがあります。ニキビ・吹き出ものは漢方が得意とする分野でもあります。

 

ニキビについても白ニキビや赤ニキビと種類があります。また、「虚弱体質」「貧血ぎみ」「筋肉質」など患者さんの体質や症状によって活用する漢方薬を使い分けていきます。

 

肥満・ダイエット

 

体質改善することで、リバウンドしにくい体を作った上でダイエットをすることも漢方薬局の分野です。漢方の力を活用して体重を減らし、肥満症を解消させるのです。

 

漢方では「気血水」のバランスが崩れることで肥満症になると考えられています。例えば、水のバランスが崩れると水太りになり、血のめぐりが悪い(お血)と老廃物が排泄されずに体重が増えると考えます。

 

漢方薬の中でダイエットに活用される薬としては防風通聖散が最も有名ですが、上記のように人によって肥満症の原因が異なるため、漢方薬局では肥満症を解消させるときに防風通聖散だけを出すことはありません。患者さんの症状に合わせた漢方薬を活用する必要があります。

 

神経症(不眠症、うつ病、自律神経失調症など)

 

不眠症やうつ病、自律神経失調症などはストレスが原因だとされています。それでは、ストレスを取り除くことができるのかというと、現実的には難しいです。

 

ただ、こうした神経症を発症している状態では気のめぐりが悪かったり、心血が不足していたりしています。そこで、こうした気や血の流れを改善させることを考え、神経症を治療するようにします。こうしたことを考えるのも漢方薬の役割です。

 

その他

 

漢方薬局を頼る人は他にもいます。薄毛(抜け毛)・白髪は漢方薬の分野ですし、子供であればおねしょや夜泣きも漢方薬が使用されます。

 

どれも共通しているのは、「検査値では表せない分野」であることです。西洋薬では難しいこうした分野であっても、漢方薬であれば改善できる人は多いのです。

 

漢方薬局では真のビジネスを学ぶことになる

 

上記のように漢方には得意な分野があり、内科のようにあらゆる患者さんが訪れるわけではないものの、薬剤師がメインになって患者さんを治療できるという大きなメリットがあります。一般的な薬剤師のように医師の処方せんだけに頼ることなく、自ら患者さんを診ていくのです。

 

そのため、先に少し述べましたが一般的な調剤薬局と漢方薬局(自費治療メインの薬局)ではビジネスモデルが大きく異なります。

 

調剤薬局では隣の病院やクリニックの処方せんに依存する場合が多く、自ら集客をする必要はありません。患者さんを集めるときに薬剤師の知識や力量はあまり関係なく、それよりも「どれだけ良い立地に薬局を構えることができるか」の方が重要視されます。

 

また、調剤薬局では保険治療に頼っているので「どれだけ効率よく服薬指導をして、患者さんの回転率をよくするか」が利益を上げるために大切です。どれだけ現場の薬剤師が患者さんの指導に力を入れたいと思ったとしても、実際のところそれでは薬局の売上は上がりにくいのです。

 

漢方薬局では丁寧な指導が重視される

 

それに対して、保険適応に頼らない漢方薬局ではどうでしょうか。この場合、集客を自ら行わなければいけません。さらに、丁寧な説明を行うことでリピートしてもらう努力も必要です。隣の病院やクリニックが自動で集客してくれるわけではないため、本当の意味で患者さんの満足度を高めなければいけません。

 

そうして患者さんの満足度を高めれば、リピートしてくれます。いくつかの例外はありますが、基本的に薬はリピート商売です。薬は服用すればなくなるため、薬をもう一度もらうためには来院しなければいけません。

 

漢方薬局であれば、調剤した漢方薬がなくなれば再び薬局を訪れてくれるようになります。こうして何度もリピートしてもらうことによって、漢方薬局の売上は増大していきます。

 

当然ながら、丁寧な説明を行うことで満足してくれなければ患者さんがリピートしてくれることはありません。そのため一般的な調剤薬局で起こるような「患者さんへの説明時間を短くするほど利益が出るようになる」などのようなジレンマは起こらず、本当の意味で丁寧な指導を行えるようになります。

 

さらには医師主導ではなく、薬剤師主導なので患者さんから信頼され、感謝されながら自費治療でのビジネスを行うことになります。

 

なお、漢方薬局が主体となってセミナーやイベントを開催するときは集客が必要になるため、広告を出すこともあります。実際にセミナーに来た人に対しては、どのようにして薬局のファンにさせるかまで考えて漢方や東洋医学の解説をしていかなければいけません。

 

そういう意味では、一般的な調剤薬局やドラッグストアと比べて、漢方ありの薬局ではビジネスモデルが大きく異なるため、学ぶことは漢方薬の範疇を大きく超えると考えてください。調剤薬局や調剤併設ドラッグストアなどで保険調剤を行っている薬剤師では経験できないビジネスを、漢方薬局では行えるようになります。

 

漢方ありの薬局で学べること

 

漢方薬局で学べるのはビジネスの分野だけではありません。東洋医学に関わるあらゆる分野を勉強できます。

 

東洋医学の分野では、漢方薬だけではありません。例えば「食」が存在します。薬剤師であれば薬膳という言葉を必ず聞いたことがあると思います。食物がもっている働きを引き出すことで、滋養強壮など健康を整えるようにするのです。

 

また、自家製剤を開発することで自社のオリジナルブランドを販売することもあります。

 

一般用医薬品や医療用医薬品を含め、薬局では製薬会社が開発した商品を売るのが一般的です。ただ、そうではなく自分が開発した商品を患者さんに使ってもらうことが多いです。

 

さらには、アロマテラピーとして、植物がもつ香りを健康回復や疲労改善に活用することもあります。この場合、薬剤師は匂いについて勉強しなければいけません。女性が多く訪れるため、化粧品を勧めることもあります。

 

薬だけでなく、食事(薬膳)、自家製剤、アロマテラピー、化粧品まで含めてあらゆることを学びたい人にとって、漢方薬局は非常に勉強しやすい環境が整っています。新たな挑戦に気持ちが高ぶる人にとって、漢方薬局の求人は良い転職先だといえます。

 

自費治療であるからこそ、商品販売もある

 

ただ、自費治療が主な漢方薬局であるからこそ大変な面もあります。例えば、調剤薬局の薬剤師が患者さんに対して「化粧品やサプリメントを積極的に売る」ことはほとんどありません。

 

一方で漢方薬局であれば、漢方薬以外にもサプリメント・健康食品、化粧品、ハーブなどあらゆる商品を販売することになります。

 

しかしながら、販売するとはいっても基本的には「患者さんが求めているものを提供する」という考え方をすれば商品販売はそこまで難しくありません。要は、提案をするのです。

 

医師が「あなたの症状ならこの薬を飲むといい」と患者さんに提案し、感謝されているのと同じことをするのです。漢方薬局の薬剤師として、患者さんへ「この漢方薬と一緒に、このサプリメントを活用するとより体質改善に役立ちます」と提案すれば問題ありません。

 

当然、それだけ勉強する必要はあります。ただ、たとえ漢方薬局へ転職したとしても知識と経験が伴ってくれば、自信をもって患者さんと接することができるようになります。

 

薬剤師主導の漢方薬局は大きな魅力がある

 

本当の意味で薬剤師主導による医療を提供できる機会は非常に少ないです。多くの場合は医師による診察や処方せんがメインであり、医師が存在しなければ薬剤師は業務を行うことができません。

 

ただ、漢方薬局の求人に申し込んで転職すれば、薬剤師主導での治療を行えるようになります。あなたが患者さんの様子を聞き取り、どのようや漢方薬やサプリメントを提案すればいいのかを考え、一緒になって患者さんの病気や症状と向き合っていくのです。

 

調剤薬局では、患者さんにとって薬剤師は「調剤室の中にいて何をしているのかよく分からない存在」です。一方で漢方薬局の薬剤師になると、「自分の症状に合わせて漢方薬や健康食品、化粧品などを提案してくれる先生」となります。

 

勉強は必要であっても、患者さんの症状が改善していくと、その分だけ患者さんはあなたに感謝してくれます。一般的な薬局では経験できないことが漢方薬局では経験できるのです。

 

こうしたことに、漢方薬局で働く薬剤師の大きなメリットがあります。

 

ただ、漢方薬局の求人は当然ながら少ないです。こうした珍しい求人を自ら探し、転職するのは現実的ではないため、転職サイトなどを利用して良い漢方薬局の求人を探してもらうことが転職成功の秘訣です。

 

良い漢方薬局の求人を見つけ、転職した後は必死で勉強してみてください。そうして患者さんの症状から薬やサプリメントを提案し、患者さんの病状が良くなれば大きなやりがいを感じられるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

漢方薬局の求人を探し、薬剤師の転職を実現するには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

漢方薬局の求人を探し、薬剤師の転職を実現するには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

漢方薬局の求人を探し、薬剤師の転職を実現するには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事