役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

究極の選択!!

 

世の中には「究極の選択」というものが存在します。例えば、次ような話があります。

 

「顔はいいけど貧乏な人」と「もの凄くぶさいくだけど、金だけはある人」で、結婚するならどっちか。

 

当然ですが、とても難しい話です。男なら「自分で稼げばいい」と考える人がいるかもしれません。女の人でも「自分で稼ぐ!!」というたくましい人がいるかもしれません。

 

もしかしたら「たとえぶさいくな人でも、そこに愛を見いだせることができる」と言う人もいるかもしれません。

 

人の意見はそれぞれです。

 

それでは、「命とお金、どちらが大切ですか?」と聞かれたらどうでしょうか。普通なら「命の方が大切」と答えることでしょう。しかし、どちらのの選択をしても地獄が待っているとすればどうでしょう。

 

次の文章を読んで考えてみて下さい。

 

………………………………………………………………………

 

 究極の選択
 私は今病院のベッドに横たわっている。外には桜が咲いているというのに、私の心は沈んでいた。なぜなら、私は現在がんに侵されている。まだ30代だというのに……。

 

 最近の医学はとても進歩している。なんたって、白血病だって治るくらいだ。しかし、私のがんはとても難しいらしい。私はこのまま死を待つしかないのだろうか。

 

 そのとき急にドアが開き、医師があわただしく入ってきた。

 

「すごい知らせです。どのようながんでも、完全に治療することのできる薬が開発されました。ついに、がんも治る時代がやって来たのです」

 

 そのとき、急に世界が明るくなったように感じた。それは、私の心に希望の光が差し込んだ瞬間だった。

 

 それから数ヶ月後、私の目の前には「がんの特効薬」が置かれていた。医師は私にこう説明した。

 

「この薬を一ヵ月飲み続ければ、あなたのがんは完全に治ります。しかも、この薬には副作用がほとんどありません。しかし、ある問題があります。とても高額なのです」

 

 私は多少の問題は覚悟していた。そして、「少々高かったとしても、がんが治るのなら安いものだ」と考えていた。

 

 医師は続けて説明した。

 

「この薬一ヵ月分の患者さんの負担額は1億円です。これだけのお金を必ず払わなければなりません」

 

 私は驚愕した。普通のサラリーマンが20年かけて稼ぐ金額だったからだ。これには、さすがの私も躊躇した。

 

 がんはありふれた病気である。そのため、治療を望む人は膨大な数に上るだろう。つまり、自分でなんとかしなければならないのである。世間の人たちはいちいち私にかまってくれないのだ。

 

 私にも一応家族がおり、面倒を見なければいけない。これからがんばれば、まだ未来はあるはずだ。

 

 しかし、1億という数字は私には大きすぎた。たとえ生き伸びたとしても、一生借金地獄に苦しめられることになるであろう。果たして、私はその生活に耐えることができるのであろうか……。

 

 しかも、借金が返せなかったら子どもにまで負担がかかってしまう。もしかしたら、子どもの将来にまで影響するかもしれない。そうなるのなら、私には果たして生きる価値があるのであろうか。

 

 私は今、「命とお金」の究極の選択に迫られている。決断するのは私だ。しかし、その決断はあまりにも重いものだった。

 

………………………………………………………………………

 

普通なら、「命とお金」を天秤にかけることはできません。しかし、この話は例外です。ここでは「命とお金」の価値が等しくなってしまうのではないでしょうか。

 

あなたなら、どのように決めるでしょうか。決断するのは、あなたです。

 

※ 究極の選択:動画版 → 「究極の選択(動画)

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク