役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

無意味な抗菌グッズ

 

みなさんは細菌をどのように思っているでしょうか。不潔なものとして捉えているでしょうか。

 

私たちの身の回りには「除菌」や「抗菌」と言った言葉があふれています。これらのことから判断すると、細菌にはあまり良いイメージがないのかもしれません。

 

しかし、私はそのように思っていません。もちろん体に害を及ぼす細菌は嫌ですが、それ以外の細菌に関しては全く気にしていません。

 

 細菌の役割
そもそも私たちの体は細菌であふれています。

 

「私はとても清潔にしているから、そんなことはありません」

 

いやいや、そんなことは決してありません。そもそも細菌がいなければ私たちの体は病気になってしまいます。

 

最も細菌が存在する場所として腸が挙げられますが、ヒトの腸内には約100種の微生物が繁殖しており、その数は100兆にも上ります。

 

そして、これらの菌はビタミンKを作ってくれたり体の代謝を助けてくれたりと、私たちの体にとって良い事をしてくれます。

 

このように「細菌=悪者」という考えは成り立ちません。

 

 アレルギーとの関係
それでは「除菌・抗菌が私たちの生活にとって必要なものなのか」というと、食中毒を引き起こす菌に気を付けて頂きたいのですが、それ以外はほとんど必要ないです。

 

私達は既に腸内に多量の細菌を飼っているのですから、今さら除菌・抗菌と騒ぐのはナンセンスです。ただし、病原性大腸菌O157のような病原菌は例外です。

 

また、研究者の中には「清潔すぎるために、アレルギーを引き起こす子供が多くなった」と言う人もいます。これは「子どもから細菌を遠ざけ、それによって免疫系が衰えるためにアレルギーが起こりやすくなった」と言われています。

 

つまり、「子供を育てるには少し汚いくらいの環境が一番良い」ということです。汚すぎるのは当然問題ですが、「清潔すぎるのも問題である」ということです。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク