役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

エルトゥールル号遭難事件

 

反日国と言えば中国、韓国、北朝鮮が挙げられます。しかし、日本に対して敵対意識のある国はこの三つだけであり、親日国の数はこれよりももっと多いです。

 

親日国の一つにトルコがあります。しかし、日本人の多くはトルコ人がなぜ日本人に対して親切にするのかを知りません。

 

トルコ人が親日なのにはある事件が関わっています。そして、この事件をトルコ人は教科書で習います。

 

以下にトルコがどのようにして親日国になったかを記したいと思います。

 

………………………………………………………………………

 

 きっかけはエルトゥールル号遭難事件
1890年9月16日の夜にその事件は起こった。その日は台風にみまわれ、木造の軍艦であるトルコ軍艦エルトゥールル号が和歌山県の串本沖で岩礁に衝突、沈没した。

 

死者581人、生存者69人

 

このとき、村人たちは人肌で冷たくなった乗組員を温めたり、食糧を提供したりして懸命に救助した。非常食として取っておいたニワトリまで分け与えたのである。

 

このようにして69名のトルコ人が一命を取り留めた。その後、生存者は日本の軍艦によって無事トルコまで送り届けられたのである。

 

………………………………………………………………………

 

これがエルトゥールル号遭難事件です。

 

そして、この話には続きがあります。

 

………………………………………………………………………

 

イラン・イラク戦争が激化する中、1985年3月17日にある出来事が起こった。

 

イラクのサダム・フセインが、「今から48時間後に、イランの上空を飛ぶ全ての飛行機を撃ち落とす。」という声明を出した。それは、民間旅客機も関係ない。

 

企業の関係などによってイランに住んでいた日本人は、あわててテヘラン空港まで駆け付けた。しかし、日本は自国の救援機を出す決定が遅れ、空港にいた日本人はパニックを起こしていた。

 

そのときである。日本人を救出するために二機の飛行機が到着した。飛行機はトルコ国籍であった。それは、タイムリミットの1時間15分前のことである。

 

当時、トルコ航空機がなぜ日本人を助けに来たのか、日本政府もマスコミも知らなかった。

 

トルコ大使は次のように語った。

 

「エルトゥールル号の借りを返しただけです。」

 

「エルトゥールル号の事故に際して、日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。私も小学生の頃、歴史教科書で学びました。トルコでは子どもたちでさえ、エルトゥールル号の事を知っています。今の日本人が知らないだけです。それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです。」

 

………………………………………………………………………

 

日本は歴史の中で悪いことばかりをしたのではありません。当然良い行いもしているのです。

 

しかし、少なくともこのような事件は日本の教科書で学ぶことができません。「エルトゥールル号事件」や「杉原千畝さんの命のビザ」など、素晴らしい歴史はたくさんあります。

 

日本の子供は暗い歴史ばかりを学ぶのではなく、明るい歴史をもっと学ぶべきではないでしょうか。

 

日本は戦争で決して悪いことばかりをしたのではありません。東南アジア諸国で反日なのは冒頭で述べたたった三国だけです。他の国々は基本的に親日です。

 

同じ支配を受けたはずなのに、なぜこのようなに差がでるのでしょう。それは、ほんの少し考えるだけで理解できることではないでしょうか。

 

「反日国の一方的な意見ばかりを取り入れるマスコミ」や「それに惑わされている私たち」では、真実の歴史を伝えることができないのが残念でなりません。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク