役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

薬と麻薬の関係

 

ヒトは体に悪いと知っていながら依存性のある麻薬を使い続けます。これは、ヒトに快感を生むためです。

 

この薬は古くから使用されており、アルコールやタバコを挙げることができます。

 

 薬と麻薬
麻薬はヒトに快感を与える代償として「依存」も与えてしまいます。これが麻薬をやめられない理由であり、この依存状態を克服するにはかなりの苦痛が伴ってしまいます。

 

この快感を生む薬は医薬品の売り上げの10倍以上もの市場があると言われています。私達の生活はストレスに囲まれています。これらのストレスから逃れるために麻薬に手をだしてしまうこともあります。

 

これらの麻薬は注射や喫煙によっての摂取が好まれます。理由はすぐに脳に作用し効果が表れるからです。タバコ(ニコチン)は喫煙で摂取されます。ニコチンは肺で吸収され速やかに脳へ作用します。

 

また、麻薬といえば脳のみに作用する物質であると認識している人は多いと思います。しかしそれだけではありません。例えばマリファナは男性ホルモンの働きを阻害してしまいます。その結果として男性の「女性化」が見られることがあります。

 

 合成された麻薬
薬を合成していく中、思いもよらない効果が表れた薬があります。それが麻薬であり偶然にも合成されてしまったのです。

 

最初に人工的に合成された麻薬は鼻づまりの薬として売り出されました。しかし、その薬は強力な興奮剤であり不幸にも第二次世界大戦に使用されました。他にも多くの麻薬が人工的に合成され社会問題になっています。

 

生薬のなかにも、その活性物質を用いて麻薬が合成される生薬があります。そのため、これらの成分を含む生薬も覚せい剤取締法の対象となっています

 

 麻薬への耐性
麻薬を使用し続けると耐性ができます。つまり、効果が薄れてしまうのです。これを解消するには使用量を増やすしかありません。この麻薬への耐性のため、ヒトは悪循環に陥ってしまいます。

 

ただし、医療現場において、使用量をコントロールしている場合は依存の心配はほとんどありません。適切に使用すれさえすれば、患者が精神的依存に陥る事はないのです。

 

耐性に関しても同様であり、きちんと管理して実施されれば耐性もほとんど起こることはありません。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク