役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

痛風と高尿酸血症の治療

 

痛風は尿酸によって、起こります。血液中の尿酸値が高いと尿酸結晶ができます。この尿酸結晶を白血球が食べることによって関節炎となるのです。

 

そして、この関節炎は「風が吹いただけでも痛い」と言われるほど、激しい痛みを伴います。これが痛風です。

 

 痛風・高尿酸血症の薬
痛風の治療薬は次のようして作用します。

 

・尿酸生成の阻害

 

・白血球の働きを抑える

 

・尿酸の排泄促進

 

・尿酸生成の阻害
痛風は尿酸がたくさん作られるために起こります。そこで、尿酸が作られるのを阻害することで尿酸値を下げるのです。

 

尿酸の元となるのはDNAやRNAです。つまり、遺伝子です。この遺伝子が様々な代謝を受けて最終的に尿酸となり、尿から排泄されます。

 

酵素の助けを借りて遺伝子が代謝されますが、尿酸生成の阻害の薬はこの酵素の働きを阻害します。酵素を阻害するので、遺伝子の代謝がそれ以上進まなくなってしまいます。これによって、尿酸生成を阻害するのです。

 

・白血球の働きを抑える
尿酸結晶を白血球が食べることによって、関節炎が発生します。そこで、白血球の働きを抑えてやります。これによって、痛風となるのを防ぐのです。

 

なお、この薬は尿酸値を下げるわけではありません。

 

・尿酸の排泄促進
大部分の尿酸は尿中から排泄されます。しかし、その一部は再び吸収されて体を巡ってしまいます。

 

そのため尿酸の再吸収を阻害すれば、尿酸排泄量を増加させることができるはずです。

 

血液中の尿酸を効率よく排泄させることで血液中の尿酸を減らし、痛風を予防するのです。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク