役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

血液疾患に対する薬物

 

脳梗塞や心筋梗塞は血栓によって起こります。この血栓によって血管が塞がり、そこから先に血液が循環しなくなってしまいます。

 

これによって重篤な症状が引き起こされるのです。

 

 血栓形成

 

 血栓溶解薬
脳梗塞など血栓による重大な病気が起こったとき、血栓を溶かすことで治療します。これが血栓溶解薬です。

 

ただし、発症6時間以内に使用しなければならないなど、まだまだ多くの問題を抱えています。

 

また、血栓溶解薬には出血という副作用があります。これは、内出血による出血を止めてある血栓まで溶かしてしまうためです。

 

 血栓溶解薬による出血傾向

 

 血液凝固阻害薬
血栓の予防には血液凝固阻害薬などの薬があります。「血液が固まるから血栓ができるのであり、血液が固まるのを阻害してやれば血栓形成を防ぐことができる」という考えです。

 

ただし、当然ですが出血を起こしたときに血液が固まりにくくなります。そのため、手術前に血液凝固阻害薬を服用してはいけません。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク