役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

小児とライ症候群(NSAIDsとインフルエンザ)

 

インフルエンザや水痘(水ぼうそう)に罹ると体温が上昇します。このとき、熱を下げるために解熱鎮痛剤が使用されます。この時、解熱鎮痛剤として多様される薬としてNSAIDsと呼ばれる種類の薬があります。

 

ただし、インフルエンザや水痘(水ぼうそう)に罹患した小児の熱を下げるためにNSAIDsを使用することは原則禁止されています。なぜなら、脳の炎症や肝臓の変性などを起こすライ症候群を発症する危険があるためです。

 

 NSAIDsとライ症候群
成人ではあまり問題となりませんが、小児ではインフルエンザ・水ぼうそうの熱を下げるためにアスピリンなどのNSAIDsを服用するとライ症候群のリスクが高まります。最悪の場合は死に至り、症状が重ければ脳障害として後遺症が残ります。

 

これを回避するために、小児の解熱鎮痛にはアセトアミノフェンと呼ばれる薬が使用されます。NSAIDsは解熱鎮痛剤として多用されますが、アセトアミノフェンはNSAIDsとは違う作用機序で熱を下げたり痛みを和らげたりします。

 

そのため、アセトアミノフェンはライ症候群を引き起こすリスクのない薬として小児に多用されます。

 

なお、注意すべき点として小児のライ症候群のリスクを高めるアスピリンなどのNSAIDsは一般用医薬品としても販売されていることにあります。

 

一般用医薬品は誰でも購入することができます。そのため、これら「NSAIDsとライ症候群」の知識なしに自分の子供にアスピリンなどのNSAIDsを服用させると、大変な事になるかもしれません。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク