役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ピロリ菌と胃潰瘍の治療

 

胃潰瘍とは、胃の粘膜がさまざまな条件によって消失してしまう病気です。この粘膜は胃酸から守る役目を果たしています。そのため、この粘膜が消失すると胃の壁が胃酸によって侵食され、痛みを伴います。時には血管までもダメージを与えて出血することもあります。

 

胃潰瘍の場所から胃がんが発生することもあるのです。

 

 胃の性質
胃は食物を分解する器官です。胃の中は高濃度の塩酸を含んでおり、強い酸性となっています。

 

この酸性のために、多くの微生物は殺されてしまいます。この作用によって有害な微生物から私達の体を守ってくれています。

 

 潰瘍の形成
強い酸性から守るために、胃の壁は粘膜によって守られています。つまり、この粘膜は胃液から守ってくれるバリアーの役割を果たしています。

 

もしこのバリアーがうまく機能しなくなれば、胃の組織が高濃度の酸により炎症を起こし潰瘍になります。特に、胃の中に食物がないときに胃液が多く分泌されれば、潰瘍を起こしやすくなります。

 

この原因の一つとしては、「アルコールを多く摂取すること」や「ストレスによるもの」があります。

 

 潰瘍の治療
潰瘍の治療薬としては「H2ブロッカー」が有名です。この薬は胃酸の分泌を抑制します。胃酸が多く分泌されることで潰瘍になるなら、胃酸の分泌を抑えてしまうという考えです。

 

この胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーよりも強力な薬が「プロトンポンプ阻害薬」です。この薬はほぼ完全に胃酸の分泌を抑えることができます。

 

潰瘍は胃酸の分泌を抑制することで治療します。

 

 ピロリ菌の発見
2005年のノーベル医学・生理学賞の受賞者がまさにこのピロリ菌の発見者です。当時、「強い酸性ではいかなる生物も生存できない」ということが常識でした。

 

この常識を覆したのがピロリ菌の発見です。

 

H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬により胃潰瘍を治療できるようになりました。しかし、以前までは胃潰瘍を治療したにもかかわらず、たびたび胃潰瘍を再発することがありました。

 

当時の研究者たちはこの原因が全く分かりませんでした。

 

この原因はピロリ菌によるものでした。ピロリ菌はアンモニアを生成する酵素により胃の高濃度の酸性でも生存できるように進化してきました。この菌の毒素により胃潰瘍が誘発されます。

 

ピロリ菌が発見される前では、胃酸のように強い酸性の中で菌が活動しているとは思いもしなかったのです。

 

ピロリ菌発見者のウォーレンとマーシャルのうち、マーシャルはピロリ菌を自ら飲んで急性胃炎を起こさせました。これは、ピロリ菌が消化性潰瘍を引き起こすためです。

 

そのため、ピロリ菌による潰瘍を治すには「胃酸の分泌抑制薬」と「ピロリ菌を殺す抗菌薬」が必要となります。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク