役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

食物アレルギーや蜂刺されによるショック症状から回復させる薬:エピペン

 

特定の食物に対してアレルギーを持っていたり、蜂に刺されたりすると急激なアレルギー反応を引き起こす場合があります。これがアナフィラキシーショックであり、命に関わります。

 

このようなアナフィラキシー症状が出た場合は救急車をすぐに呼ぶ必要があります。しかし、アナフィラキシーが起こった時に心停止まで至る時間は以下のようになっています。

 

 ・アナフィラキシー症状が出て心停止に至るまでの時間

 

 ○ 薬によるアナフィラキシー:5分

 

 ○ 蜂毒によるアナフィラキシー:15分

 

 ○ 食物によるアナフィラキシー:30分

 

アナフィラキシー症状が出た後にいくら救急車を呼んだとしても、到着する頃には既に危険な状態になっています。そこで、アナフィラキシー症状が出てしまった直前から薬を投与することで、症状から回復させる必要があります。

 

このように、アナフィラキシーショックから回復させる薬としてアドレナリン自己注射液(商品名:エピペン)があります。

 

この薬はペン型の注射器であり、アナフィラキシー症状が表れた時に太ももへ注射します。

 

前述の通り、アナフィラキシーショックが表れて30分以内までの対処が勝負となります。この間に注射を打つことにより、アナフィラキシーショックによる症状を和らげることができます。

 

食物アレルギーや蜂刺されによるショックが表れた場合、この薬を持っているかによって命が助かるかどうかが分かれます。

 

なお、この薬は自分で注射を行うことが望ましいですが、アナフィラキシー症状が表れている時に本人が注射できないケースも多いです。

 

そのため、他の人が本人に代わって注射を行う場合が出てきます。

 

学校の先生など、「医師などの医療従事者以外が注射を行っても問題ないのか」と思ってしまいますが、人命救助という観点で誰が注射を行っても問題ありません。

 

注射を行ったからと言って、法的措置が課せられることは100%ありません。むしろ、この場合は注射を行わずに人命救助をしなかったという行動の方が問題となります。

 

このように、食物アレルギーや蜂刺されによるショックを改善する薬が存在します。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク