役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

抗がん剤の作用機序

 

アルキル化剤

 

エンドキサン(シクロホスファミド)

 

イホマイド(イホスファミド)

 

アルケラン(メルファラン)

 

テモダール(テモゾロミド)

 

ザノサー(ストレプトゾトシン)

 

ヨンデリス(トラベクテジン)

 

白金製剤

 

ブリプラチン、ランダ、アイエーコール(シスプラチン)

 

パラプラチン(カルボプラチン)

 

エルプラット(オキサリプラチン)

 

植物アルカロイド

 

カンプト、トポテシン(イリノテカン)

 

ラステット、ベプシド(エトポシド)

 

オンコビン(ビンクリスチン)

 

ナベルビン(ビノレルビン)

 

タキソール、アブラキサン(パクリタキセル)

 

タキソテール(ドセタキセル)

 

ジェブタナ(カバジタキセル)

 

ハラヴェン(エリブリン)

 

代謝拮抗薬

 

ジェムザール(ゲムシタビン)

 

キロサイド(シタラビン)

 

ロイケリン(メルカプトプリン)

 

ユーエフティ(テガフール、ウラシル:UFT)

 

ティーエスワン(テガフール、ギメラシル、オテラシル:TS-1)

 

ゼローダ(カペシタビン)

 

ロンサーフ(トリフルリジン、チピラシル)

 

アリムタ(ペメトレキセド)

 

メソトレキセート(メトトレキサート)

 

葉酸製剤

 

ロイコボリン、ユーゼル(ホリナート)

 

抗腫瘍性抗生物質

 

マイトマイシンC

 

アドリアシン(ドキソルビシン)

 

ファルモルビシン(エピルビシン)

 

ダウノマイシン(ダウノルビシン)

 

ブレオ(ブレオマイシン)

 

抗男性ホルモン薬

 

カソデックス(ビカルタミド)

 

オダイン(フルタミド)

 

イクスタンジ(エンザルタミド)

 

ザイティガ(アビラテロン)

 

女性ホルモン薬

 

プロスタール(クロルマジノン)

 

エストラサイト(エストラムスチン)

 

LH-RH製剤

 

ゾラデックス(ゴセレリン)

 

リュープリン(リュープロレリン)

 

抗エストロゲン薬

 

ノルバデックス、タスオミン(タモキシフェン)

 

フェアストン(トレミフェン)

 

アロマターゼ阻害薬

 

アリミデックス(アナストロゾール)

 

アロマシン(エキセメスタン)

 

フェマーラ(レトロゾール)

 

白血病治療薬

 

アムノレイク(タミバロテン)

 

グリベック(イマチニブ)

 

スプリセル(ダサチニブ)

 

タシグナ(ニロチニブ)

 

ボシュリフ(ボスチニブ)

 

多発性骨髄腫治療薬

 

サレド(サリドマイド)

 

レブラミド(レナリドミド)

 

ベルケイド(ボルテゾミブ)

 

ポマリスト(ポマリドミド)

 

ファリーダック(パノビノスタット)

 

分子標的薬:大腸がん

 

スチバーガ(レゴラフェニブ)

 

アービタックス(セツキシマブ)

 

ベクティビックス(パニツムマブ)

 

分子標的薬:胃がん

 

サイラムザ(ラムシルマブ)

 

分子標的薬:肺がん

 

イレッサ(ゲフィチニブ)

 

タルセバ(エルロチニブ)

 

ジオトリフ(アファチニブ)

 

ザーコリ(クリゾチニブ)

 

アレセンサ(アレクチニブ)

 

ジカディア(セリチニブ)

 

分子標的薬:甲状腺がん

 

レンビマ(レンバチニブ)

 

分子標的薬:乳がん

 

ハーセプチン(トラスツズマブ)

 

タイケルブ(ラパチニブ)

 

パージェタ(ペルツズマブ)

 

パルボシクリブ

 

分子標的薬:腎臓がん

 

スーテント(スニチニブ)

 

ネクサバール(ソラフェニブ)

 

インライタ(アキシチニブ)

 

ヴォトリエント(パゾパニブ)

 

分子標的薬:皮膚がん

 

オプジーボ(ニボルマブ)

 

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)

 

ヤーボイ(イピリムマブ)

 

ゼルボラフ(ベムラフェニブ)

 

分子標的薬:mTOR阻害薬

 

アフィニトール(エベロリムス)

 

トーリセル(テムシロリムス)

 

分子標的薬:その他

 

リツキサン(リツキシマブ)

 

アバスチン(ベバシズマブ)

 

G-CSF製剤

 

ジーラスタ(ペグフィルグラスチム)

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク