役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ウィッティヒ反応(Wittig reaction)

 

 ウィッティヒ反応 (Wittig reaction)

 

 ウィッティヒ反応 (Wittig reaction)

 

 

ウィッティヒ反応はケトンやアルデヒドの「C=O」を「C=C」結合へと変換する反応である。ウィッティヒ試薬はトリフェニルホスフィンとハロゲン化アルキルを反応させることで生成するホスホニウム塩を塩基で処理することで合成することができる。

 

正電荷をもつヘテロ原子によって、その隣のアニオンが安定化された化合物をイリド(ylide)と呼ぶ。Wittig反応ではリンによって安定化されたイリドであるリンイリド(phosphorous
ylide)を用いる。

 

Wittg反応の変法としてはホーナー・ワズワース・エモンズ反応 (Honer-Wadsworth-Emmons reaction)が知られている。この反応では、ホスホニウム塩の代わりにホスホン酸エステルを使用する。

 

また、リンの代わりにケイ素を使用するピーターソン・オレフィン化 (Peterson olefination)はウィッティヒ反応の関連反応である。ピーターソン・オレフィン化はWittig反応のケイ素版と考えればよい。

 

 反応機構

 

 ウィッティヒ反応 (Wittig reaction)

 

一つ覚えてほしいのは、リンと酸素原子の結合が比較的強いということである。そのため、四員環を形成した後は「P=O」の結合を形成するように開環していく。

 

  反応例

 

 ウィッティヒ反応 (Wittig reaction)

 

 関連反応
ホーナー・ワズワース・エモンズ反応 (Horner-Wadsworth-Emmons reaction)
ピーターソン・オレフィン化 (Peterson olefination)
ジュリア-リスゴーオレフィン化 (Julia-Lythgoe olefination)

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク