役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ジュリア-リスゴーオレフィン化(Julia-Lythgoe olefination)

 

 ジュリア-リスゴーオレフィン化(Julia-Lythgoe olefination)

 

 ジュリア-リスゴーオレフィン化

 

 

アルケンを生成する反応であり、フェニルアルキルスルホンとカルボニル化合物を出発原料とする。Juliaオレフィン化は位置選択的であり、生成物はE 体となる。

 

R3は通常、アセチル基やベンゾイル基である。アセチル基、ベンゾイル基はそれぞれ無水酢酸や塩化ベンゾイルによって合成できる。

 

その他、オレフィンを合成する方法としてWittig反応Horner-Wadsworth-Emmons反応Peterson オレフィン化などがある。

 

 反応機構

 

 ジュリア-リスゴーオレフィン化 (Julia Lythgoe olefination)

 

 反応例

 

 ジュリア-リスゴーオレフィン化 (Julia Lythgoe olefination)

 

 関連反応
ウィッティヒ反応 (Wittig reaction)
ホーナー・ワズワース・エモンズ反応 (Horner-Wadsworth-Emmons reaction)
ピーターソン・オレフィン化 (Peterson olefination)

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク