役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

敗血症

 

 

敗血症とは、細菌が血液中で増殖し、感染症を起こした状態のことです。細菌が血液へ侵入した状態のことを指す菌血症とは区別されます。

 

敗血症は細菌による感染症が全身に及んでいるため、極めて危険な状態です。ショックや多臓器不全が起こる可能性があるため、早期の治療が必要となります。死亡のリスクも高いです。

 

敗血症は重度の感染症が進行したときや免疫力が低下した場合に起こります。治療は抗生物質の投与だけでなく、炎症・血液凝固を防いだり多臓器不全に備えたりとさまざまな処置を施します。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク