役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

肺水腫

 

 

肺水腫とは、肺組織に水分が異常に溜まっている状態のことです。

 

肺水腫の症状として呼吸困難があります。これは、多くなった水分によって肺の中でガス交換が障害されるために起こります。

 

原因としては、「心臓疾患などによって血管内の水分が肺の中に漏れ出す内因性」と「感染症・外傷・薬物などによる外因性」があります。

 

治療には「酸素不足を補うための酸素吸入」、「心臓機能を高める強心剤の投与」、「余分な水分を外へ出すために利尿剤の投与」などが行われます。

 

慢性的な心臓疾患がある人は、肺水腫に気をつける必要があります。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク