役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

心筋梗塞

 

 

心筋梗塞とは、心臓に栄養を送っている血管が詰まることによって、心臓の細胞に栄養が行き渡らなくなり、心筋細胞の一部が死んでしまう状態のことです。

 

心臓に栄養を送る血管が完全に詰まる心筋梗塞に対し、「血管が狭くなることによって血液量が減るが、心筋細胞が死ぬまでには至らない病気」を狭心症といいます。

 

血管を詰まらせる原因としては、血のかたまりである血栓によるものが多いです。血栓が血の流れを止め、心筋細胞を死に追いやってしまうのです。

 

安静にしていると治まる狭心症とは異なり、心筋梗塞は不整脈などの合併症を引き起こし、死んでしまう確率も高いため早急に治療する必要があります。治療が早いほど、助かる確率が高くなります。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク