役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

 

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、特許期間が切れ医薬品に対して、他のメーカーがより安い値段で市場に供給する医薬品のことです。

 

薬は高価だと思う人はたくさんいると思います。しかし、薬には全く同じ成分が含まれているが値段の高い薬と安い薬があります。

 

新薬として発売された薬は特許によって守られています。特許期間は20~25年です。この期間は開発した会社が独占的に新薬を製造販売できます。この新薬として最初に発売された医薬品を「先発医薬品」といいます。

 

しかし、この特許が切れると他の会社も全く同じ薬を作ることができるようになります。この特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て販売される薬を後発医薬品またはジェネリック医薬品といいます。

 

新薬開発には150~200億円という莫大な費用が必要となります。しかも、新薬は有効性や安全性をテストしなければならないので承認販売されるまで10~15年もの研究期間が必要になります。

 

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分なので、安全性がすでに十分確かめられた医薬品と言われています。そのため、研究開発の費用が安くなります。そのため、ジェネリック医薬品は値段が安く設定されています。

 

これが、同じ成分であるが薬によって値段が違う理由です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク