役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

抗体

 

 

抗体とは、「細菌やウイルスが体の中に入ってきたとき、体を守るために働く物質」のことです。

 

ヒトの体は常に病原微生物にさらされています。しかし、健康な人では簡単に感染症に罹ることはありません。

 

これは、体が病原微生物に対する防御システムをもっているからです。この防御システムの一つとして「抗体」があります。

 

抗体は体を守るために必要不可欠ですが、これが過剰に反応してしまうとアレルギーとして表れてしまいます。

 

例えば、花粉は本来無害な物質ですが、花粉症では花粉に対する抗体が作られ、涙や鼻水として花粉を外へ出そうと働きます。

 

必要な生体反応であっても、過剰に反応しすぎると害となります。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク