役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

狭心症

 

 

狭心症とは、心臓に栄養を送っている血管が何らかの原因で狭くなり、心臓の細胞への血流量が減ってしまう状態のことです。これにより、胸の痛みや圧迫感などの症状が出ます。

 

心臓に栄養を送る血管が狭くなる狭心症に対し、「血管が完全に詰まってしまい、心筋細胞の一部が死んでしまう病気」を心筋梗塞といいます。

 

胸の痛みが起こったとしても、狭心症の多くは15分程度で治まります。しかし、放置すると死に繋がる心筋梗塞を起こすこともあるため、注意が必要です。

 

高血圧や脂質異常症、肥満、ストレスなどが狭心症の誘発要因として考えられています。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク