役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

骨粗しょう症の症状と転倒の防止

 

骨粗しょう症(骨粗鬆症)の症状としては、次のようなものがあります。

 

 骨粗しょう症の症状

 

症状

特徴

身長が低くなる

背中や腰が曲がる

・背骨がつぶれることによって、背が低くなる
・骨が変形して、背骨全体が前に傾く

背中や腰が痛い

・背骨がつぶれたり変形したりすることで、背中や腰が痛くなる
・立ち上がるときなどに急激な痛みを感じる

ちょっとした事で

骨折する

・骨が脆くなっているため、わずかな力が加わると骨折する
・好発部位:背骨、手首、太ももの付け根(大腿骨)

 

骨粗鬆症で最も問題となる症状としては「骨折」があります。特に、太ももの付け根にある大腿骨が骨折した場合、寝たきりとなるリスクになります。

 

そのため、骨粗鬆症による骨折を防ぐことはとても重要です。

 

 ・転倒を防ぐことが重要
骨粗しょう症を発症すると、骨折が起こりやすくなります。この骨折の一番の問題としては、寝たきりとなるリスクが高いことにあります。

 

歩くためには、当然ながら足が正常に機能している必要があります。しかし、足の骨折によって機能が失われてしまった場合、歩くことができなくなります。骨粗しょう症による骨折では、太ももの付け根に存在する大腿骨の骨折が特に問題となります。

 

骨粗しょう症が寝たきりの原因となる理由としては、この大腿骨骨折が大きく関与しています。

 

そして、この大腿骨骨折が起こる一番の要因としては「転倒」があります。そのため、大腿骨骨折による寝たきりを防ぐためにも、転倒を防止することがとても重要になります。

 

このとき、以下のような場面で転倒が起こりやすくなっています。

 

 転倒が起こりやすい場所

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク