役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

若い時の骨量を増やすには(骨粗しょう症)

 

骨に負荷をかけることによって骨密度が上昇することが分かっています。実際、スポーツ選手は「運動を行っていない一般人よりも骨密度が高い」という事が知られています。

 

ただし、必ずしも「スポーツを行っていれば骨密度も高くなる」という訳ではありません。運動による骨密度の上昇には「重力」の影響が大きく関与していると考えられています。

 

重力による負荷がどれだけ加わっているかによって、若い時の骨量上昇に関わってきます。

 

例えば、水泳は水の中を浮きながら行う運動のために、重力負荷は他のスポーツに比べて少ないです。そのため、水泳選手は陸上選手に比べて骨量が少ないとされています。

 

若い時の骨量を増やすためには、重力負荷のかかる運動をする必要があります。

 

 競技の違いによって骨量も異なる

 

他にも重力負荷の度合いによって骨量が異なってくる例を挙げますと、その一つに宇宙飛行があります。現在では対策が行われていますが、「無重力空間に長時間滞在した宇宙飛行士は骨量が減少する」という事が分かっています。

 

これは、重力負荷が骨にかからないために骨が脆くなってしまったのです。

 

これらの事実からも、骨に重力負荷をかけることが骨量維持にとって重要であることが分かります。

 

なお、骨量低下を防止するために骨粗しょう症治療薬が使用されますが、宇宙飛行士に対して骨粗しょう症治療薬を投与することで、骨密度の低下を防止できたことが明らかになっています。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク