役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

高血圧の分類:収縮期血圧と拡張期血圧

 

 

血圧とはその名の通り、血管にかかる圧力のことです。生命維持のため、血管にある程度の圧力があることは重要です。

 

例えば、アレルギー反応の一種であるアナフィラキシーショックを起こした場合、血圧が急激に下がることでショック状態に陥ります。

 

また、低血圧症であれば「体がだるい」、「耳鳴りがする」などの症状が表れます。このように正常な範囲で血圧が保たれていることはとても重要です。

 

ただし、その逆に血圧が高すぎると高血圧としてさまざまな血管障害が表れてしまいます。

 

例えば、心臓の仕事量が増えることで心臓が肥大します。また、動脈が硬くなる動脈硬化が起こります。脳の血管に影響を与えることで脳卒中などを引き起こすリスクにもなります。このように、高血圧状態であると生命が脅かされてしまいます。

 

血圧は低すぎるのでも高すぎるのでもなく、正常な状態に保つことが重要となります。

 

 収縮期血圧と拡張期血圧
血液は心臓のポンプ機能によって、全身へと血液が送られます。このとき、心臓が収縮しているか拡張しているかによって、当然ながら圧力が変わってきます。

 

まず初めに、心臓が収縮している時を考えます。心臓が収縮している時は心臓から血液が送り出されます。心臓に溜まっていた血液が一度に血管へ送り出されるため、血液が血管を押す圧力が高まります。

 

つまり、血圧は高い状態となります。

 

このように、心臓が収縮した時に指し示す最大血圧収縮期血圧と呼びます。最も高い血圧であるため、「上の血圧」とも言われます。

 

 収縮期血圧

 

それに対し、心臓が拡張しているということは、それだけ心臓の中に血液が多く流れ込んでいるということになります。

 

血液が心臓に入り込んでくるので、各血管に分布する血液量は減少します。全体の血液が減るため、血液が血管を押す力(圧力)も低くなります。つまり、血圧は低い状態となります。

 

このように、心臓が拡張した時に指し示す最小血圧拡張期血圧と呼びます。最小血圧であるため、「下の血圧」とも表現されます。

 

 拡張期血圧

 

 高血圧の分類
血圧には最も圧力が高い「収縮期血圧」と最も圧力の低い「拡張期血圧」の二種類があります。そのため、高血圧を考える上では収縮期血圧と拡張期血圧の両方を考慮する必要があります。

 

成人における血圧値の分類としては、以下の表のようになります。

 

 成人における血圧値の分類

 

このとき、「収縮期血圧が140mmHg以上」または「拡張期血圧が90mmHg以上」のどちらかに該当すると高血圧と診断されます。

 

なお、血圧は一日での変動が大きいです。そのため、同じ日であっても測定する時間によって血圧の値が異なってきます。

 

・至適血圧:理想的な範囲である血圧
・正常血圧:正常な範囲にある血圧
・正常高値血圧:高血圧予備軍であり、生活習慣の改善が必要

 

血圧の日内変動

右図に血圧の日内変動の図を示していますが、このように一日での血圧変動は大きいです。

 

そのため、高血圧状態が続いたとしても血圧測定を行うある時点だけ血圧の値が正常であることがあります。

 

この時間に血圧を測定すると、あたかも血圧が正常な値を示しているように見えます。

 

これを、仮面高血圧と呼びます。

 

仮面高血圧では、医療機関で血圧を測る場合は正常な血圧ですが、家庭や職場で血圧を測定すると高血圧の値を示します。仮面を被ったように高血圧状態がマスクされているため、仮面高血圧と言います。

 

この仮面高血圧の反対の意味を持つものとして白衣高血圧があります。家庭・職場など普通に生活している場合では正常な血圧を示すが、診療所などで測定される時に高血圧の状態となってしまう状態が白衣高血圧です。

 

医師や看護師などの白衣を着ている人の姿を見て緊張してしまうことにより、血圧が上がってしまうのです。

 

 仮面高血圧と白衣高血圧

 

これら仮面高血圧や白衣高血圧などの症状があるため、家庭などで自ら血圧を測定することが重要となります。

 

 高血圧による合併症(脳卒中・心筋梗塞・腎不全)
高血圧には「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の二つがあります。

 

 ・本態性高血圧
高血圧の中でも原因の特定ができない高血圧を本態性高血圧と呼びます。日本人の約90%がこの原因を特定できない本態性高血圧です。

 

この本態性高血圧の要因としては遺伝や生活習慣が考えられています。「遺伝による高血圧になりやすい体質」や「飲酒・喫煙、塩分の取りすぎなどの生活習慣」が本態性高血圧に関わっています。

 

 本態性高血圧

 

 ・二次性高血圧
原因が不明である本態性高血圧に対して、原因が明らかな高血圧を二次性高血圧と呼びます。他の病気によって高血圧が起こるため、その原因を治療すれば高血圧も抑えることができます。

 

二次性高血圧の原因としては腎臓の病気、ホルモンの異常、動脈の障害などがあります。

 

 二次性高血圧

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー      薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク


役に立つ薬の情報~専門薬学:メールセミナー





 ▽管理人  ▽薬の情報  ▽薬学分野


深井良祐

くすり入門

医薬品の作用機序

くすり君の一日

医薬品の話

家庭の医学

薬学動画セミナー

病院の言葉を理解しよう

医療研修資料

薬はなぜ効くのか?

薬物物語

薬と関係ない話

有機化学

生化学Ⅰ

生化学Ⅱ

薬理学

物理化学

分析化学

薬剤・薬物動態学

微生物学

免疫学

漢方処方学

統計学
 ▽その他

お問い合わせ

就活薬学生!

転職薬剤師!

サイトマップ
HOME メールセミナー メディア掲載実績 出版キャンペーン 薬剤師の転職 お問い合わせ