役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ダイエット:痩せたい人へ

 

痩せるという事は難しくはありません。しかし、簡単でもありません。当然ながら痩せるためにはそれなりの努力を必要とします。

 

※「難しくない」といっても、明らかに太っている肥満の人に対してです。「体重90kgの人が60kg代に体重を落とすのは難しくありません」ということです。

 

よくテレビで「ダイエットに挑戦」という感じで番組が組まれることがありますよね。「ダイエット一日目、3kg痩せました……」、これは本当に意味があるのでしょうか。

 

人間の体を構成している成分で一番多い物質は何かご存知ですよね。そう、水分です。この人はダイエット一日目で3kg分の水を体の外に出したのでしょう。そして、ダイエットを止めると……、水分は元の量に戻って体重も元に戻ります。

 

 基礎代謝量を増やせ、筋肉をつけろ!!
「痩せる=体重が減る」ということではありません。「痩せる=脂肪が減る」が正しい考え方です。体重が減ったところで、体脂肪が減らなければ全く意味がありません。

 

それでは、どうやって脂肪を燃焼させれば良いのでしょうか。答えは、運動をして筋肉をつけることです。

 

私たちは普通に生活しているだけで一日の約80%のエネルギーを消費します。この生命維持のために消費するエネルギー量を基礎代謝量と言います。この基礎代謝量を増やすのです。

 

そのためには、運動をする必要があります。同じように生活していても、運動をする人と運動をしない人ではかなり基礎代謝量が違います。運動をすると自動的に基礎代謝量が増加するのです。

 

また、筋肉をつけることも重要です。筋肉は維持するために多くのエネルギーを消費します。筋肉量が多い人はそれだけで基礎代謝量が多くなるのです。

 

 食事を見直す
人間がなぜ太るかですが、とても単純な理論で成り立っています。それは、「食事で得られるエネルギー」が「消費するエネルギー量」を上回っているためです。

 

 

つまり食事内容を改善し、食事から得られるエネルギーを減らせばいいのです。これを実践することができれば、誰でも確実に痩せることができます。

 

 ダイエットの実践
よく「ダイエットをしても効果がない」という人がいます。そのようなことはなく、ただ単にその人の努力が足りないだけです。そういう人に限って多くの食事や間食をし、とんでもない偏食をしているものです。

 

まず最初に食事面を改善し、運動を取り入れることです。

 

ただし、食事を抑えすぎるのも問題があります。適度な食事でのダイエットが理想的ですね。

 

「運動する」といえばジョギングが思い浮かびます。このとき、有酸素運動であればジョギングでなくて水泳など他の運動でもいいのです。運動するにしても、できるだけ長続きする運動を選ぶのが理想的です。

 

 高い意思をもつこと
肥満で悩んでいる人は多いはずです。若い頃は自分が太るなんて考えてもいなかったのに、年を取るにしたがって体重が増えていってしまった。そんな人はいくらでもいます。

 

肥満になると糖尿病など他の病気を併発しやすくなってしまいます。病気になると薬を投与して治療するというのが普通です。しかしながら、「病気になる前に病気になる原因をできるだけ排除して予防する」という考えもあります。

 

人生で大切なことは「どれだけ健康でいることができるか」ということかもしれません。本気で肥満を改善したいと思っている人は、できるだけ高い意思をもって取り組んでください。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク