役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

糖尿病とは:1型糖尿病と2型糖尿病

 

糖尿病は次のように定義されています。

 

定義:インスリン作用の絶対的または相対的不足により引き起こされる慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群

 

つまり、インスリンが不足していることで血糖値が高くなっている異常な状態のことです。

 

 糖尿病の分類
糖尿病には二種類存在し、それぞれ1型糖尿病2型糖尿病に分けられます。

 

 ・1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病、IDDM)
インスリンはすい臓のβ細胞から分泌されます。

 

このインスリンは血糖値を下げるための唯一のホルモンです。そのため、何らかの原因によってβ細胞が破壊されるとインスリンが分泌されなくなり、血糖値が下がらなくなってしまいます。血糖値が下がらないので、血糖値の高い状態が維持されてしまいます。これが糖尿病です。

 

私たちの体には外からの病原体から身を守るために免疫機構が存在しています。この免疫機構が正常に働けば良いですが、免疫が自分自身を攻撃することがあります。この状態が自己免疫疾患です。

 

 自己免疫疾患

 

同じように、1型糖尿病患者の多くは自己免疫疾患によって体の免疫機構がすい臓を攻撃してしまいます。これによって、すい臓のβ細胞が破壊されてインスリンが出なくなってしまいます。これが、1型糖尿病の原因です。

 

1型糖尿病は子供や若い人で多く発症しますが、大人や高齢者で発症することもあります。糖尿病の中でも1型糖尿病患者は痩せている人が多いです。

 

 1型糖尿病の発症メカニズム

 

なお、1型糖尿病の治療にはインスリン注射が絶対となります。

 

 ・2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病、NIDDM)
糖尿病の中でも日本人の約95%が2型糖尿病です。いわゆる生活習慣の乱れによって発症する世間一般的な糖尿病がこの2型糖尿病です。

 

2型糖尿病は中高年が多く、肥満の人で多く発症する傾向にあります。インスリン注射が絶対である1型糖尿病とは違い、2型糖尿病では経口糖尿病薬が有効です。

 

 2型糖尿病の特徴

 

この2型糖尿病ではインスリンを分泌する機能は残っているが、そのインスリンが有効に使われていない状態となっています。このような状態としては、以下のようなものがあります。

 

 インスリン分泌低下とインスリン抵抗性

 

 ・インスリン分泌低下(インスリンの量が不足している)
インスリンの量が足りなくなっているため、ブドウ糖(グルコース)が体内に取り入れにくくなっている状態です。インスリンによってブドウ糖が細胞内に入っていかないため、血糖値が上昇してしまいます。

 

このように、インスリンの分泌量が減っている状態がインスリン分泌低下です。

 

 ・インスリン抵抗性(インスリンの働きが悪くなっている)
インスリンが十分に分泌されていたとしても、このインスリンの働きが悪ければ血液中のブドウ糖を細胞へ取り入れることができません。そのため、血糖値が上がります。

 

このように、インスリンの働きが悪くなっている状態がインスリン抵抗性です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク