役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

認知症における中核症状と周辺症状

 

認知症には「必ず発生する中核症状」と「人によって出たり出なかったりする周辺症状(BPSD)」の二つがあります。

 

 中核症状と周辺症状(BPSD)

 

中核症状は認知症によって脳細胞が死滅することにより、必ず表れる症状のことです。認知症である以上、中核症状の発生を抑えることができません。

 

 中核症状と周辺症状(BPSD)

 

なお、中核症状としては以下のようなものがあります。

 

中核症状

症状

記憶障害

・直前の事を忘れる
・同じことを何回も言う
・忘れ物を何回もする

見当識障害

・今がいつなのか(時間・季節の感覚がなくなる)
・今どこにいるのか(道順の感覚がなくなる)

判断力の低下

・真夏にセーターを着る
・考えるスピードが遅い

実行機能障害

・計画を立てて実行できない
・目的達成の判断ができない

 

このような中核症状に対し、周辺症状は患者さんによって表れたり表れなかったりします。つまり、周辺症状の出方は人によって異なります。

 

 主な周辺症状
・抑うつ状態   ・依存   ・不安   ・攻撃的行動
・幻覚   ・妄想   ・睡眠障害   ・徘徊 など

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク