役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

加齢による物忘れと認知症

 

物忘れによって大切なものをなくしてしまったり、先ほどのことを思い出せなかったりすることがあります。ただの物忘れであれば問題ないですが、認知症の物忘れは日常生活にまで支障をきたします。

 

この認知症の割合は年齢が高くなるにつれて増加し、85歳以上では約4人に1人が認知症であると言われています。そのため、高齢社会を迎えている先進諸国において、認知症は極めて重要な疾患の一つとなっています。

 

 ・加齢による物忘れと認知症
年を取ると誰でも物忘れが起こります。つい先ほどまで行っていたことを忘れてしまったり、なかなか新しいことを覚えられなかったりします。

 

しかし、これは加齢によるものなので、ある程度は仕方ありません。物忘れは誰にでも表れる老化現象の一つです。

 

物忘れの特徴としては、「体験の一部を忘れていること」があります。また、何かの拍子に思い出すこともあります。この場合は認知症ではないため心配はいりません。

 

しかし、認知症は病気の一つであり、物忘れとは全く別物として区別する必要があります。

 

一般的な物忘れが体験の一部であるのに対し、認知症では「体験の全てを忘れていること」が特徴となっています。そのため、自分が体験したことを忘れてしまっている自覚がなかったり、時間や場所が分からなくなったりします。

 

このような場合であると、注意が必要となります。

 

 「加齢による物忘れ」と「認知症による物忘れ」の違い

 

項目

物忘れ

認知症

原因

加齢

脳の病気

自覚

物忘れがあることを自覚

物忘れを自覚していない

記憶

体験の一部を忘れる

(きっかけがあれば思い出せる)

体験の全てを忘れる

(完全に記憶が抜け落ちている)

日常生活への支障

特に支障はない

支障がある

症状の進行

進行性はあまりない

年単位で進行

医療機関を

受信する場合

心配になって自分で行く

多くは家族に付き添われて行く

具体例

・孫の学年を忘れている

 

・ご飯の時に何を食べたかを
 忘れている

・孫がいること自体を忘れている

 

・ご飯を食べたことを忘れている

 

 ○ 認知症の主な症状
・同じことを何度も言う
・置忘れやしまい忘れが多い
・化粧や買い物をしなくなった
・ささいなことで怒る
・以前は熱中したことに興味や関心を示さなくなった
・少し前のことや聞いたばかりのことを忘れる
・約束を忘れてすっぽかすことが多い
・知っているはずの人の名前が思い出せない

 

 ・認知症の重症度と症状
加齢による物忘れは誰にでも起こる脳の正常な働きですが、認知症は脳の病気です。認知症では後天的に脳に何らかの障害が起こり、認知機能が低下してしまいます。

 

物事を考える中枢として、脳は全てをつかさどる司令塔としての働きをしています。物事の記憶や判断は脳で行っており、体を動かすなどの指令も脳からでています。

 

そのため、脳が傷害されることで「同じことを何度も言う」など記憶・判断に関わる機能が鈍くなり、最終的には体が思うように動かせなくなって寝たきりとなります。このように、脳が障害されてしまうと日常生活に支障が出てしまいます。

 

認知症の重症度と症状に関しては、次のようなものがあります。

 

 

 

このとき、認知症の初期における特徴として「最近の出来事(短期記憶)は障害されるが、認知症を発症する前に起きた出来事(長期記憶)は残っている」という事があります。

 

そのため、若い時の印象深い出来事などの長期的な記憶は残っています。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク