役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

認知症の進行を遅らせるには

 

アルツハイマー型認知症などは薬によって症状の進行を遅らせることができます。 しかし、薬以外の方法によっても病気の症状を遅らせることができます。

 

それでは、どのようにしたら認知症の進行を抑えることができるのでしょうか。

 

 生きる目的
認知症の症状を遅らせる方法の一つとして、「生きる目的を持つこと」があります。

 

米国の研究では、「人生の目的」を強く意識している人であれば、認知症による脳の病的な変化が起こったとしても、物忘れなどの症状が出にくくなることが分かっています。

 

「脳の構造的変化など病気の進行自体は変わらないが、その症状が出にくい」という事です。

 

なお、臓器によっては傷害された後、かなり時間が経過して症状として表れることがあります。

 

これと同じように、病気によって脳が傷害されたとしても「目的」を持つことによって、症状が表れにくくなることが考えられます。

 

どのような心の持ちようでいるかが重要となります。

 

 運動の重要性
高齢社会を迎えている日本において、認知症を予防することはとても重要です。他にも、「生きる目的を持つこと」以外での方法としては運動があります。

 

ある研究では、71歳以上の高齢者において「スポーツなど週三回以上の身体活動をしているかどうか」で認知症を発症したかどうかが調べられました。

 

その結果、運動を行うことで認知症と診断されるリスクが21%低くなることが分かりました。

 

運動の他にも、本人が楽しいと思うことをさせたり、家事などの任せごとをしたりすることで「認知症の予防」や「認知症の症状を遅らせる」などが可能となります。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク