役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

アスピリン喘息:NSAIDsとロイコトリエン

 

 アスピリン喘息
昔から使用されているNSAIDsとしてアスピリンがあります。このアスピリンは前述の通り、副作用として胃腸障害があります。

 

それだけでなく、NSAIDsの副作用としてはアスピリン喘息と呼ばれるものがあります。つまり、NSAIDsを服用することによって喘息のような症状が出ます。

 

プロスタグランジン(PG)の合成過程として、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素が関与していることを既に記しました。

 

この時、実はアラキドン酸はプロスタグランジンへと合成される過程だけでなく、ロイコトリエン(LT)と呼ばれる物質へ変換される過程にも関与しています。このロイコトリエンはアナフィラキシーや気管支収縮作用などに関与しています。

 

 アスピリン喘息を発症するメカニズム

 

NSAIDsによってシクロオキシゲナーゼ(COX)が阻害されると、プロスタグランジン合成が抑制されます。

 

ただし、プロスタグランジンが作られなくなると、その分だけアラキドン酸が溜まっていきます。この溜まったアラキドン酸がどこに行くかと言うと、必然的に残ったもう一つの経路に流れ込みます。

 

つまり、もう一方の経路であるロイコトリエン(LT)の合成が促進されます。

 

前述の通り、ロイコトリエンにはアナフィラキシーや気管支収縮作用があります。そのため、これらロイコトリエンの合成が促進されることによって喘息発作を引き起こすことがあります。

 

これが、NSAIDsの副作用によって起こるアスピリン喘息です。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク