役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

小青竜湯の効能:風邪、気管支喘息、アレルギー性鼻炎(花粉症)

 

かぜに対して使用される漢方薬としては、葛根湯(かっこんとう)が有名です。ただ、風邪症状に有効な漢方薬は葛根湯だけでなく、他にも存在します。その中の一つが小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。

 

漢方薬は症状を見極めたうえで使用しなければいけません。そこで小青竜湯では、水様の鼻水が出たりくしゃみがあったりする場合に使用されます。

 

 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)と体質
漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。小青竜湯であれば、次のような人が有効です。

 

 ・体力が中等度またはやや虚弱
 ・うすい水様の痰が出る
 ・水っぽい鼻水、くしゃみが出る

 

このような症状を有する人であれば、風邪の他にも気管支喘息やアレルギー性鼻炎(花粉症など)にも有効です。漢方薬では、西洋薬のように「特定の病気に対して使用する」という考え方は行いません。それよりも、「特定の体質や症状の患者さんに使用する」ことを考えます。

 

そのため、同じ風邪であっても、例えば「乾いた咳をして、粘っこい痰が出る症状」に対して小青竜湯を使用してはいけません。このように人に対しては、麦門冬湯という他の漢方薬を用います。

 

 小青竜湯の作用
くしゃみや鼻水を和らげる小青竜湯には、生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれています。これら生薬には、以下の8種類が配合されています。

 

 ・麻黄(まおう)
 ・桂皮(けいひ)
 ・芍薬(しゃくやく)
 ・半夏(はんげ)
 ・五味子(ごみし)
 ・細辛(さいしん)
 ・乾姜(かんきょう)
 ・甘草(かんぞう)

 

小青竜湯で重要な働きをする生薬は麻黄(まおう)であり、これによる発汗作用などによって咳症状を抑えます。そこに痛みを和らげる「芍薬」、痰や咳を鎮める「半夏」「五味子」「細辛」などが組み合わさることにより、小青竜湯は症状に対して働きかけます。

 

なお、薬の働きを調べる試験を実施したところ、動物実験などで抗アレルギー作用や抗炎症作用が小青竜湯で確認されています。

 

 小青竜湯の使用方法
小青竜湯を投与するとき、成人では「1日9.0gを2~3回に分けて、食前または食間に経口投与する」とされています。食間とは、食事中という意味ではなく、食事と食事の間を意味します。つまり、食後から2時間経過した、胃の中が空の状態を指します。

 

小青竜湯の慎重に使用すべき対象としては、「著しく体力の衰えている人」「食欲不振、悪心、嘔吐のある人」「発汗傾向のある人」「乾いた咳や粘っこい痰が出る人」などがあります。これらの人が使用すると、症状の悪化や副作用の問題が表れやすくなります。

 

このような小青竜湯としては、

 

 ・かぜの引き始めの鼻水、くしゃみ
 ・気管支喘息の喘鳴、呼吸困難、咳
 ・アレルギー性鼻炎(花粉症など)の鼻水、くしゃみ、鼻づまり、涙目

 

などの症状に有効です。

 

なお、四方を守る神獣(青竜、白虎、朱雀、玄武)の中で、青竜は東を守る神として知られています。そして、小青竜湯に含まれる麻黄は、採取したときの色が青色です。そのため、このような漢方薬を青竜湯(せいりゅうとう)と表現するようになりました。

 

さらに、青竜湯には「大青竜湯」と「小青竜湯」があります。このうち、薬による作用が緩和であるために小青竜湯と呼ばれています。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク