役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

疾患別漢方処方

 

 かぜの処方

漢方処方名

処方のポイント

注意点

 かぜの初期
葛根湯

自然発汗のないかぜの初期
首の後部のこり、頭痛

腹痛、下痢など消化器系の症状がある場合は使用しない
自然発汗のあるヒトに使用しない

桂枝湯

自然発汗のあるかぜの初期
消化器系(胃・腸)の弱いヒトに使用

桂皮に対して発疹などの過敏症がでることがある
香蘇散

かぜの初期に使用
胃腸虚弱なヒトに適応する
抑うつ傾向のヒトに使用

 
小青竜湯

鼻水の多いかぜの初期
アレルギー性鼻炎に使用
気管支炎、気管支喘息、結膜炎など

胃腸が弱いヒトに使用すると食欲不振などを起こすことがある
麻黄附子細辛湯 冷えを伴うアレルギー性鼻炎に使用  
 亜急性期
小柴胡湯 慢性肝炎、肝機能障害に使用 間質性肺炎への注意
 回復期
補中益気湯

虚弱体質者に用いる
寝汗、微熱のある慢性化したかぜ
補剤の代表である

 

 

 

 気管支疾患

漢方処方名

処方のポイント

注意点

 急性気管支喘息
小青竜湯

鼻水の多いかぜの初期
アレルギー性鼻炎に使用
気管支炎、気管支喘息、結膜炎など

胃腸が弱いヒトに使用すると食欲不振などを起こすことがある
麻杏甘石湯

気管支喘息、気管支炎に使用
小児に使用できる
少量の粘膜痰、口の乾きなど

 
麦門冬湯

気管支炎、気管支喘息
喉や口の乾燥感があるヒト(痰が切れにくい)
昼より夜に咳が悪化するヒトによく効く

 
 慢性気管支喘息
柴朴湯 気管支喘息 小柴胡湯と同じ処方の生薬を含む
清肺湯 多くの痰が出る咳のヒトに使用  
 気管支喘息
麻杏甘石湯

気管支喘息、気管支炎に使用
小児に使用できる
少量の粘膜痰、口の乾きなど

 
小青竜湯

鼻水の多いかぜの初期
アレルギー性鼻炎に使用
気管支炎、気管支喘息、結膜炎など

胃腸が弱いヒトに使用すると食欲不振などを起こすことがある
柴朴湯 気管支喘息  

 

 

 胃腸障害

漢方処方名

処方のポイント

注意点

 慢性胃炎
急性胃炎の場合は西洋薬で治療するのが無難である

柴胡桂枝湯 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎 小柴胡湯と同じ処方の生薬を含む
人参湯 胃アトニーに対して使用  
六君子湯

胃アトニー、慢性胃炎
非潰瘍性消化不良(NUD)に使用

 
安中散 神経性胃炎、慢性胃炎  
半夏寫心湯

急性・慢性胃腸炎
みぞおちにつかえのあるヒト

 
 潰瘍
柴胡桂枝湯 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎 小柴胡湯と同じ処方の生薬を含む
四逆散

胃炎、消化性潰瘍
動悸、イライラなどの精神神経症状

 

 過敏性腸症候群(IBS)
便秘・下痢・腹痛・おならなどの便通異常を起こす病気

桂枝加芍薬湯

腹直筋に緊張がある場合
過敏性腸症候群(IBS)に使用

 
 便秘
小建中湯

夜尿症に使用
小児の便秘、夜泣きなど

 
大黄甘草湯 便秘に使用 大黄による下痢、腹痛などの胃腸障害に注意
加味逍遙散 精神不安、イライラなどがあるヒトの更年期障害  
 慢性肝炎、肝硬変
芍薬甘草湯

主に頓服として使われる
こむらがえり(ふくらはぎの筋痙攣)によく効く

甘草を含む漢方は偽アルドステロン症やミオパシーに気をつける必要がある
小柴胡湯 慢性肝炎、肝機能障害に使用 間質性肺炎への注意
 術後の回復
補中益気湯

虚弱体質者に用いる
寝汗、微熱のある慢性化したかぜ
補剤の代表である

 
大建中湯 術後のイレウス(腸閉塞)に使用  
十全大補湯 病後などの体力低下による疲労倦怠に使用  

 

 

 腎疾患

漢方処方名

処方のポイント

注意点

 腎疾患・尿路疾患・前立腺肥大
柴苓湯

下痢を伴う急性胃炎
ネフローゼ症候群に使用

小柴胡湯と同じ処方の生薬を含む
猪苓湯

尿路結石に使用
尿道炎、膀胱炎
体力の強弱関係なしに使用可能

八味地黄丸

処方には疲れ、冷えのあることが条件
主に高齢者に使用
排尿困難、頻尿、腎炎、膀胱炎、前立腺肥大などの腎障害

胃腸障害を起こしやすい
牛車腎気丸 八味地黄丸で効果が不十分なとき、または糖尿病がある場合に使用  

 

 

 精神症状

漢方処方名

処方のポイント

注意点

 頭痛
呉茱萸湯

体を温める
冷えを伴う片頭痛、常習性頭痛

 
五苓散

口の渇きがあるヒトの頭痛
黄連解毒湯と共に服用で、二日酔いに効果がある

 
 抑うつ状態
半夏厚朴湯

喉に物がつまったように感じるヒトに使用
抑うつ状態のヒト

 
加味逍遙散 精神不安、イライラなどがあるヒトの更年期障害  
桂枝加竜骨牡蛎湯 腹直筋に緊張があり、動悸、イライラ、不眠などの精神症状のあるヒトに使用  
 自律神経失調症
柴胡加竜骨牡蛎湯

精神不安(神経症状)があり、高血圧、不眠症、動脈硬化症などの症状がある場合
抑うつ状態、自律神経失調症など

女神散

お産前後の神経症
多愁訴の訴えなど

苓桂朮甘湯 めまいがあるヒトの胃内停水
半夏白朮天麻湯

胃腸が弱く胃内停水があるヒト
めまい、嘔吐、頭痛があるヒト
メニエール病に使用

桂枝加竜骨牡蛎湯 腹直筋に緊張があり、動悸、イライラ、不眠などの精神症状のあるヒトに使用

 

 

 婦人薬

漢方処方名

処方のポイント

注意点

四物湯 胃腸障害のないヒトの月経不順、冷え性 地黄を含むので、胃腸が弱いヒトは下痢や腹痛を起こすことがある
当帰芍薬散

妊娠中に服用できる
冷え性などを伴う月経不順、不妊症、更年期障害に使用

 
加味逍遙散 精神不安、イライラなどがあるヒトの更年期障害  
桂枝茯苓丸

代表的な駆お血剤、冷え、のぼせなど
月経不順、更年期障害

 
桃核承気湯

のぼせがあり、便秘があるヒトへの駆お血剤
月経不順、月経困難

大黄を含む(妊娠中の女性に注意)

 

 

 皮膚疾患

漢方処方名

処方のポイント

注意点

十味敗毒湯 急性の皮膚疾患 体力が低下しているヒトに使用すると、皮膚の疾患(発疹)が悪化することがある
当帰飲子

主に高齢者に使用
皮膚がカサカサしている冷え性のヒトの発疹やかゆみ

 
温経湯 冷え性のヒトの手あれに使用  
温清飲

皮膚疾患に使用
アトピー性皮膚炎、温疹など

 
消風散 かゆみの強い慢性皮膚疾患  

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク