役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

二陳湯の効能:悪心、嘔吐、二日酔い、めまい、動悸

 

悪心・嘔吐などの吐き気は命に関わる可能性は低いものの、身体的な負担の大きい症状です。悪心・嘔吐は消化器が関わる病気であるため、胃炎を生じたり二日酔いがあったりします。そこで、これらの症状を抑える漢方薬として二陳湯(にちんとう)が知られています。

 

二陳湯には、体内で停滞している水分を排泄する働きがあります。これにより、胃内に溜まっているポチャポチャした水を外に出して症状を改善させます。なお、めまいや動悸へも二陳湯が使用されます。

 

 二陳湯(にちんとう)と体質
漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。二陳湯であれば、次のような人が有効です。

 

 ・体力が中等度
 ・胃に水分が停滞している
 ・口がネバネバする

 

このように、体内に水が溜まっていて中程度の体力を有する人に対して二陳湯が用いられます。漢方では余分な水分が停滞している状態を「湿痰(しつたん)」と呼び、これを二陳湯によって改善するのです。そのため、乾いた咳をしたり痰が出にくかったりする人には不向きです。

 

なお、漢方の古典である「和剤局方(わざいきょくほう)」に二陳湯が記されてあります。

 

 二陳湯の作用
主に悪心・嘔吐に対して用いられる二陳湯には、生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれています。これら生薬としては、以下の5種類が配合されています。

 

 ・半夏(はんげ)
 ・生姜(しょうきょう)
 ・茯苓(ぶくりょう)
 ・陳皮(ちんぴ)
 ・甘草(かんぞう)

 

生薬はそれぞれ効果が異なり、半夏と生姜には制吐作用(吐き気を抑える作用)があります。また、茯苓は体内の水分を排泄させ、陳皮は健胃作用を示します。甘草は炎症や痛みを取り去る緩和作用があるなど、これらの働きを有する物質を組み合わせるのです。

 

主薬(主な構成成分)は半夏と生姜であり、この2つは「陳のもの(古いもの)」が良い生薬であるとされてきました。そこで、半夏と生姜を主薬とした漢方薬として二陳湯と呼ばれています。

 

 二陳湯の使用方法
二陳湯を投与するとき、成人では「1日7.5gを2~3回に分けて、食前または食間に経口投与する」とされています。食間とは、食事中という意味ではなく、食事と食事の間を意味します。つまり、食後から2時間経過した、胃の中が空の状態を指します。

 

投与を控えるべき対象としては、前述の通り「乾いた咳をする人」「痰が出にくい人」などがいます。漢方薬は体質を重視するため、合わない人に投与すると症状の悪化を招く恐れがあります。

 

これら二陳湯のとしては、

 

 ・悪心、嘔吐
 ・胃炎
 ・二日酔い
 ・めまい
 ・動悸

 

などの症状に有効です。主に悪心・嘔吐に対して使用される漢方薬ですが、水分代謝が低下することによって起こる気管支炎や肺気腫などにも効果を示します。二日酔いやめまいなども水分の停滞によって生じるため、二陳湯が活用されます。

 

このような特徴により、体内に水が溜まっている人に対して用いられ、悪心・嘔吐や胃炎、二日酔い、めまいなどにも効果を示す漢方薬が二陳湯です。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク