役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

加味逍遙散の効能:冷え症、月経不順、更年期障害、不定愁訴

 

冷え性や月経不順、更年期障害など、女性で問題となる病気は数多く存在します。これらの病気は血糖値や血圧のように検査値で表されるわけではなく、何となく体調が悪い感じを訴えるようになります。

 

西洋薬の多くは、検査データを基にして数値を改善するために使用されます。しかし、先に挙げた疾患では、そもそも検査値で表されないので西洋薬では治療困難です。そこで、体質改善を目的とする漢方薬を使用するのです。

 

漢方薬が得意とする分野に「検査値で表されない疾患」があります。つまり、検査値で表されない場合が多いこれら婦人科領域の疾患に対して漢方薬は有効です。このような女性の病気に対して多用される漢方薬の一つとして、加味逍遥散(かみしょうようさん)があります。

 

 加味逍遥散(かみしょうようさん)と体質
漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。加味逍遥散であれば、次のような人が有効です。

 

 ・虚弱な体質
 ・肩こりがあり、疲れやすい
 ・冷え性
 ・精神が不安定
 ・便秘の傾向がある

 

婦人科で多用される漢方薬には、いくつか種類があります。加味逍遥散の他には、当帰芍薬散や桂枝茯苓丸などが有名です。この中で、精神が不安定な人に対して加味逍遥散が使用される傾向にあります。

 

精神が不安定とは、不眠や不安、気分の落ち込みなどの症状を指します。また、中には「頭が重い」「イライラする」などの症状を訴えるものの、検査をしても何も異常を認めないことがあります。これを、不定愁訴(ふていしゅうそ)といいます。不定愁訴も女性に多く、このような場合に加味逍遥散が有効です。

 

女性は更年期(閉経の前後10年)になると、女性ホルモンが少なくなります。このときに先に挙げた不定愁訴などを訴える人が多くなり、これがいわゆる更年期障害に繋がります。加味逍遥散が更年期障害に多用されるのには、このような理由があります。

 

 加味逍遥散の作用
更年期障害などを改善する加味逍遥散には、生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれています。この生薬としては、以下の10種類が配合されています。

 

 ・柴胡(さいこ)
 ・芍薬(しゃくやく)
 ・蒼朮(そうじゅつ)
 ・当帰(とうき)
 ・茯苓(ぶくりょう)
 ・山梔子(さんしし)
 ・牡丹皮(ぼたんぴ)
 ・甘草(かんぞう)
 ・生姜(しょうきょう)
 ・薄荷(はっか)

 

これらを組み合わせることにより、婦人科領域の症状に使用するのが加味逍遥散です

 

不眠や不安などの症状を和らげる漢方薬に「逍遥散(しょうようさん)」が知られています。この逍遥散に対して、生薬の牡丹皮(ボタンピ)と山梔子(さんしし)を加えた(加味した)ことから、加味逍遥散と呼ばれるようになりました。

 

元となる漢方薬の逍遥散が精神症状に使用されることから予想できる通り、加味逍遥散も更年期障害、不定主訴などに利用されるのです。薬の作用を調べる試験でも、加味逍遥散の更年期障害に対する作用が動物実験などで確認されています。

 

 加味逍遥散の使用方法
加味逍遥散を投与するとき、成人では「1日7.5gを2~3回に分けて、食前または食間に経口投与する」とされています。食間とは、食事中という意味ではなく、食事と食事の間を意味します。つまり、食後から2時間経過した、胃の中が空の状態を指します。

 

投与を控えるべき人としては、「著しく胃腸の虚弱な人」「食欲不振、悪心、嘔吐のある人」「体力旺盛な人」などがあります。合わない人に加味逍遥散を投与すると、症状の悪化や副作用が懸念されます。

 

これら加味逍遥散としては、

 

 ・更年期障害
 ・自律神経失調症
 ・不安、不眠、いらいら
 ・頭痛、頭重、めまい、上半身の熱感、下半身の冷え
 ・月経不順(月経周期の異常)、月経困難、月経痛
 ・肩こり、倦怠感、便秘

 

などの症状に有効です。このような特徴により、「不眠・不安などの精神症状を伴い、自律神経やホルモンバランスの機能失調によって表れた症状」を改善する漢方薬が加味逍遥散です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク