役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

十味敗毒湯の効能:皮膚疾患(蕁麻疹、アトピー、ニキビなど)

 

蕁麻疹(じんましん)やアトピー性皮膚炎、ニキビなど、皮膚疾患は多くの人が発症する身近な病気の一つです。これらは化膿性疾患とも呼ばれ、皮膚に炎症を生じることで症状が起こります。そこで、これら化膿性疾患を抑える漢方薬として十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)が知られています。

 

皮膚疾患に十味敗毒湯を使用することにより、皮膚の血行を良くしたり、炎症を抑えたりして症状を改善させようとするのです。

 

 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)と体質
漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。十味敗毒湯であれば、次のような人が有効です。

 

 ・体力が中等度
 ・化膿性皮膚疾患、急性皮膚疾患の初期
 ・化膿しやすい体質

 

いずれにしても、皮膚疾患の治療に用いられる漢方薬が十味敗毒湯です。化膿による疾患に対して、十味敗毒湯が幅広く活用されます。

 

十味敗毒湯は、江戸時代の華岡青洲(はなおかせいしゅう)によって作られた漢方薬です。中国の古典に「万病回春(まんびょうかいしゅん)」があり、ここに荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)という漢方薬が記されています。この薬を元にして、十味敗毒湯が創出されました。

 

華岡青洲は1804年(文化元年)に経口麻酔薬である通仙散(つうせんさん)を作ったことで知られています。この薬を用いて、世界で初めて乳がんの手術を行いました。

 

 十味敗毒湯の作用
皮膚症状を改善させる十味敗毒湯には、生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれています。これら生薬としては、以下の10種類が配合されています。

 

 ・荊芥(けいがい)
 ・防風(ぼうふう)
 ・川芎(せんきゅう)
 ・独活(どっかつ)
 ・柴胡(さいこ)
 ・桔梗(ききょう)
 ・甘草(かんぞう)
 ・樸樕(ぼうそく)
 ・茯苓(ぶくりょう)
 ・生姜(しょうきょう)

 

これらを組み合わせることで、化膿症状に働きかけます。荊芥(けいがい)、防風(ぼうふう)、川芎(せんきゅう)、独活(どっかつ)には、血行を良くしてかゆみを抑える働きがあります。一方、柴胡(さいこ)、桔梗(ききょう)、甘草(かんぞう)、樸樕(ぼうそく)には、炎症を鎮めて化膿を抑える作用があります。

 

中には、十味敗毒湯に含まれる生薬が樸樕(ぼうそく)ではなく、その代わりに桜皮(おうひ)を使用している場合もあります。現在では、「樸樕(ぼうそく)が含まれる十味敗毒湯」と「桜皮(おうひ)が含まれる十味敗毒湯」の二種類が市場に出回っています。

 

なお、10種類の生薬が配合されていることを「十味」といい、皮膚に溜まっている化膿などの毒素を敗退させることから、十味敗毒湯と呼ばれています。

 

 十味敗毒湯の使用方法
十味敗毒湯を投与するとき、成人では「1日7.5gを2~3回に分けて、食前または食間に経口投与する」とされています。食間とは、食事中という意味ではなく、食事と食事の間を意味します。つまり、食後から2時間経過した、胃の中が空の状態を指します。

 

慎重に投与すべき対象としては、「著しく体力の衰えている人」がいます。十味敗毒湯の使用により、皮膚症状の悪化を招く恐れがあるからです。

 

これら十味敗毒湯としては、

 

 ・化膿しやすい体質
 ・かゆみ、腫れ
 ・蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、ニキビ

 

などの症状に有効です。このような特徴により、化膿しやすい体質を改善し、蕁麻疹やアトピー、ニキビなどの皮膚疾患を和らげる漢方薬が十味敗毒湯です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク