役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

大建中湯の効能:腹部の冷え、腹痛、腸閉塞(イレウス)

 

お腹が冷えたり腹部膨満感を感じたりするなど、胃腸の働きが弱くなっている人がいます。このような状態であると、お腹をこわしやすくなります。そこで、胃腸が弱っている人に対して利用される漢方薬に大建中湯(だいけんちゅうとう)があります。

 

大建中湯には、胃腸の機能を回復させる働きがあります。これにより、体の冷えを改善させたりお腹の張りを解消させたりします。

 

 大建中湯(だいけんちゅうとう)と体質
漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。大建中湯であれば、次のような人が有効です。

 

 ・体力が虚弱(虚証)
 ・四肢や腹部が冷える
 ・腹痛がある
 ・腹部膨満感がある

 

お腹が冷えて痛みを伴う状態というのは、胃腸の働きが弱くなっている状態ともいえます。そこで大建中湯を投与すると、消化管の運動を改善させることができます。ただ、冷えに対して使用することから分かる通り、炎症があったり胃に熱があったりする人に大建中湯は適しません。

 

なお、漢方の古典である「金匱要略(きんきようりゃく)」に大建中湯が記載されています。金匱要略は漢方の原点ともいえる最古の古典です。

 

 大建中湯の作用
胃腸の状態を改善させる大建中湯には、生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれています。これら生薬としては、以下の3種類が配合されています。

 

 ・人参(にんじん)
 ・山椒(さんしょう)
 ・乾姜(かんきょう)

 

これらを組み合わせることで、消化器症状に対応します。人参(にんじん)には、胃腸の働きを強めるなどの滋養強壮作用が知られています。また、山椒(さんしょう)や乾姜(かんきょう)には、体の冷えや消化機能を改善させる働きがあります。これら生薬の作用により、大建中湯の効果が表れます。

 

薬の作用を調べる試験でも、消化管運動の促進や腸管の血流増加作用、消化管ホルモンの分泌促進などがヒトで確認されています。漢方薬は経験的に使われる傾向があるものの、大建中湯は臨床試験などが実施されており、確かな効果が示されています。

 

 大建中湯の使用方法
大建中湯を投与するとき、成人では「1日15gを2~3回に分けて、食前または食間に経口投与する」とされています。食間とは、食事中という意味ではなく、食事と食事の間を意味します。つまり、食後から2時間経過した、胃の中が空の状態を指します。

 

慎重に使用すべき対象としては、「肝機能障害のある人」がいます。大建中湯の投与により、症状を悪化させる恐れがあるからです。

 

これら大建中湯としては、

 

 ・腹部の冷え、痛み
 ・お腹のはり(腹部膨満感)
 ・便秘
 ・腸閉塞(イレウス)

 

などの症状に有効です。腸管の手術をした後では、腸の一部が急激に狭くなったりねじれたりすることがあります。このような状態に陥ると、食べ物が腸の中を通れなくなり、次第に溜まっていきます。その結果、激しい腹痛を生じるようになります。これを、腸閉塞(イレウス)といいます。

 

大建中湯には、腸閉塞(イレウス)の予防効果が知られています。また、腸閉塞を素早く改善させることも示されています。そのため、病院などで腸管の手術を行う場合は、しばしば大建中湯が処方されます。

 

このような特徴により、お腹の冷えや痛み、腹部膨満感だけでなく、手術後に起こる腸閉塞(イレウス)の予防まで期待して投与される漢方薬が大建中湯です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク