役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

麦門冬湯の効能:乾燥による咳(風邪)、気管支炎、気管支喘息

 

風邪に使用される漢方薬としては、葛根湯(かっこんとう)が有名です。しかし、場合によっては風邪症状に他の漢方薬を使用した方が適切な場合もあります。その一つが麦門冬湯(ばくもんどうとう)であり、葛根湯と同じように風邪に用いられます。

 

麦門冬湯では、主に咳症状を鎮めるために使用されます。風邪にも症状によって違いがあるため、これを見極めたうえで漢方薬を使用していきます。

 

 麦門冬湯(ばくもんどうとう)と体質
漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。麦門冬湯であれば、次のような人が有効です。

 

 ・体力が中等度以下
 ・痰が切れにくい
 ・ときに強く咳き込む
 ・咽頭に乾燥感がある

 

このような乾いた咳を有する場合に麦門冬湯が有効です。適した症状の人に使用することで、漢方薬は優れた効果を発揮するようになります。

 

これが葛根湯であれば、「比較的体力のある人」「自然発汗がない」「悪寒がある」などの人に有効です。同じ風邪であっても、症状が違えば使用すべき漢方薬が異なるのです。

 

 麦門冬湯の作用
咳を鎮めたり痰を出しやすくしたりする作用が、麦門冬湯では知られています。これは、麦門冬湯に生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれていることが関係しています。麦門冬湯には、以下の6種類の生薬が含まれています。

 

 ・麦門冬(ばくもんどう)
 ・半夏(はんげ)
 ・人参(にんじん)
 ・粳米(こうべい)
 ・大棗(たいそう)
 ・甘草(かんぞう)

 

これらを組み合わせることにより、咳症状に対応するのが麦門冬湯です。6種類の生薬のうち、麦門冬を主成分とするので麦門冬湯と呼ばれています。生薬の中でも、麦門冬は喉を潤すことで痰を出しやすくする作用が知られています。

 

薬の作用を調べる試験では、麦門冬湯に鎮咳作用や去痰作用が動物実験などで確認されています。また、気管支拡張作用も認められています。

 

 麦門冬湯の使用方法
麦門冬湯を投与するとき、成人では「1日9.0gを2~3回に分けて、食前または食間に経口投与する」とされています。食間とは、食事中という意味ではなく、食事と食事の間を意味します。つまり、食後から2時間経過した、胃の中が空の状態を指します。

 

麦門冬湯の慎重に使用すべき対象としては、「水溶性の痰が多い人」「浮腫(むくみ)のある人」があります。これらの人が麦門冬湯を使用すると、症状の悪化を招く恐れがあります。

 

これら麦門冬湯としては、

 

 ・痰の切れにくい咳
 ・気管支炎
 ・気管支喘息
 ・のどの乾燥感や違和感

 

などの症状に有効です。このような特徴により、主に「痰がなかなか切れない、乾いた咳症状」を和らげるために使用される漢方薬が麦門冬湯です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク