役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

pH、アミノ酸

 

 pH
酸  :H を与える    共役酸  :H が結合した形
塩基:H を受け取る  共役塩基:H がはずれた形

 

 共役酸と共役塩基

 

pKとは弱酸の強度を表す。そのため、強酸であるほどpK値が低い。酸のpKとは、共役酸と共役塩基の濃度が等しいときのpHである。

 

例えば、酢酸のpK値は4.75でである。酢酸水溶液のpHが4.75なら水溶液中に存在するCH3COOHとCH3COO-の濃度が等しい(溶液中に存在する数が等しい)ことになる。

 

  のとき
pH = - log[H ] 、pH = pK log ( [A-] / [HA] ) で表す。

 

もし、A-=HAなら、 log1/1=0 となり pH=pKとなる。

 

 アミノ酸
アミノ酸の構造

 

 アミノ酸の構造

 

アミノ酸には一つの分子中に の電荷をもつ陽イオンと、-の電荷をもつ陰イオンの異なる電荷のイオン基が存在する。この二つのイオンの濃度が等しいときに総電荷が0になるものを双性イオンという。また、総電荷が0になるときのpHを等電点という。

 

アミノ酸はAのように表すことができ、Bの構造はいかなるpHでも存在しない

 

 アミノ酸の構造

 

 アミノ酸の構造

 

AとBの濃度が等しいとき(AとBが同じ数だけ存在するとき)のpH値はpK1で、BとCの濃度が等しいときのpH値はpK2である。

 

             アミノ酸の表

 

 アミノ酸の表

 

 アミノ酸の性質
アミノ酸は可視光を吸収せず、トリプトファン、チロシン、フェニルアラニン(phenylalanine)、ヒスチジンのような芳香族アミノ酸以外は240nm以上の波長の紫外線も吸収しない。

 

 アミノ酸の性質

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー      薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク


役に立つ薬の情報~専門薬学:メールセミナー





 ▽管理人  ▽薬の情報  ▽薬学分野


深井良祐

くすり入門

医薬品の作用機序

くすり君の一日

医薬品の話

家庭の医学

薬学動画セミナー

病院の言葉を理解しよう

医療研修資料

薬はなぜ効くのか?

薬物物語

薬と関係ない話

有機化学

生化学Ⅰ

生化学Ⅱ

薬理学

物理化学

分析化学

薬剤・薬物動態学

微生物学

免疫学

漢方処方学

統計学
 ▽その他

お問い合わせ

就活薬学生!

転職薬剤師!

スポンサードリンク

サイトマップ
HOME メールセミナー メディア掲載実績 出版キャンペーン 薬剤師の転職 お問い合わせ